骨格調整③

2017年12月28日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

 

一段と寒くなってきましたね><
今年も残り4日です!
新年を迎える前に、今年のお疲れはしっかりケアしていきましょう◎

 

今日は骨格調整コースのお話の最終回です

前回までは骨盤の倒れからくるバランスのくずれのお話でした
今回は肩周りや首のバランスのお話をさせていただきます!

 

頭が前に出ると…

姿勢が丸くなってしまう~という方が多くいらっしゃいます

姿勢が丸くなるとどうなるのでしょうか?
重たい頭が前へ出てしまう為、
重たい頭を首と肩で支えてしまう状態になります

特に頭の付け根に負荷がかかって
首周辺の筋肉がガチガチになってしまっている方が多いです

 

他にも、
肩が自然と内側に入っていき、
肩関節の動きが悪くなっていきます
特に後ろに対する動きがとりづらくなる為
気づかぬ内に後ろで両手を掴むことが出来なくなっている方が多いですね

肩甲骨も背中に張り付く形となる為、
骨と筋肉がくっついていき、
最終的には四十肩・五十肩と呼ばれる筋肉の炎症が起こってしまうケースが多いです。。。

肩が内に入ると、肺が圧迫される為、
呼吸が浅くなり、
酸素不足から気持ちが悪くなってしまったりもあります

 

首のバランスが崩れると…

姿勢によって首に負荷がかかったり、
一定方向を見る時間が長かったり、
寝る時に横を向いていたりすると、
首の骨、頚椎が横を向いたまま戻れなくなってしまっていたりするケースが多いです

首のコリや痛みだけでなく、
頭にいく血液や酸素が少なくなってしまいますので、
そうなると、
・頭痛
・目の疲れ
・睡眠

への影響があります

睡眠は一日の中で大事な時間です
眠りが浅い、寝ても寝足りないなどがある方は
首からきているかも知れないですね

 

人間の身体は筋肉・神経が全部繋がっていますので、
どこかひとつ問題があると、
様々な不調が出てきてしまいます

 

骨格調整のコースでしっかり整えていきましょう!

 

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します