熱中症対策①

2017年8月1日

熱中症対策①

こんにちは。中村です。

毎日、ジリジリと暑いですね〜。
少し歩いただけでどっと汗の出るこの季節。
こまめに水分を摂ってますか?
ニュースで熱中症が取り沙汰されていますので
注意していきましょう!!

さて、本日はその熱中症について
お話ししていきますね!

●熱中症対策

①シーズンを通して、
暑さに負けない体づくりを続けよう

熱中症を予防するためには、
暑さに負けない体作りが大切です。
気温が上がり始める初夏から、
日常的に適度な運動をおこない、
適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

②「水分を」こまめにとろう

のどがかわいていなくても、
こまめに水分をとりましょう。
スポーツドリンクなどの塩分や
糖分を含む飲料は水分の吸収が
スムーズにできて
汗で失われた塩分の補給にもつながります。

③「塩分を」ほどよく取ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、
毎日の食事を通して
ほどよく塩分をとりましょう。
大量の汗をかくときは、
特に塩分補給をしましょう。

④「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、
エアコンや扇風機を適度に使って
睡眠環境を整えて
寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、
日々ぐっすりと眠ることで
翌日の熱中症を予防しましょう。

⑤「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、
丈夫な体をつくりましょう。
体調管理をすることで、
熱中症にかかりにくい
体づくりをすることが大切です。

●日々の生活の中で、
暑さに対する工夫をしよう

暑さは日々の生活の中の工夫や
心がけでやわらげることができます。
適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、
衣服を工夫することで、
熱中症の危険を避けやすくなります。
また、日よけをして
直射日光を避けましょう。
自分のいる環境の熱中症危険度を
常に気にする習慣をつけることも重要ですよ!

・「室内を」涼しくしよう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。
過度の節電や
「この程度の暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。
エアコンは、27、28度にすると省エネですよ!

夏場は、寝ても暑くて起きたり
逆にエアコンをつけっぱなしだと
寒くて起きたりとゆっくり熟睡する事が難しいですよね。
私は、エアコンを切って
扇風機を回しているんですけど
朝方になると寒くて目が覚めてしまいます。
かと、いって消すと
汗だくで起きてしまうという悪循環です。
それぞれ快適な温度は違うので
日々の生活の中で見極めていきましょう!!

では、この辺りで失礼致しますね。
また、来週お会いしましょう♫