会話術②

2017年8月24日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

 

8月も終盤に入ってきましたが、
まだまだ暑い日が続きますね
夏バテなどしない様にしっかりケアをしていきましょう!!

 

さて、今回は具体的な会話術についてです

 

会話がスムーズに進む3つのワード

初対面の人と話す際に緊張する理由の多くは、
「何を話したら良いかわからない」
ということです
3つのワードを使えば、会話で困ることはありません

元来、人間は「何かを聞かれるとうれしい」生き物なので、
こちらが相手に誠実な関心を向けているかぎり、
トラブルになることもないでしょう

続けていけば、
いつのまにか、初対面の人と緊張せずに話せるようになりますよ

 

「な」名前で呼ぶ、名前を覚える

まず、相手のことを「名前で呼ぶ」ということを徹底しましょう

例えば、何かを尋ねる時に、「あの・・・すみません」と言うのではなく、
「山下さん、すみません」と、まず名前を使って相手に呼びかけます

名前はその人の分身みたいなもの
名前を呼び合うことで、お互いをひとりの人間として認め合う、
そんな関係が構築できるのです

名前を呼ぶコツとしては、もし、一度しか会ったことのない人であっても、
次回会うときにすぐに名前が出てくるよう、顔と名前をしっかり記録しておくことです

そして、次回会った時に、こちらが先に名前を呼ぶと、
相手は「あっ!自分の名前を覚えていてくれたんだ!」というふうに、
うれしさを感じてくれることでしょう

あとは余談ですが、できれば、相手の名前を呼ぶ際には、
相手の名前が書かれた「メモ」や「名札」をその場で見ない方が良いです
なぜかというと、何かのメモを見た後で名前を呼ぶと、
「なんだ、自分のことを覚えてくれてないんだ・・・」と思われてしまうケースがあるからです

 

「あ」あいさつをする

あいさつをするということは、相手への敬意を示すことでもあります

極端な言い方をすれば、あいさつって、別にしなくても良いものだったりしますが、
だからこそ、あいさつをきちんとできる人は好感度が高くなりやすいのです

特に、相手の目を見て笑顔であいさつができる人には、相手も心を開きやすいです
相手があいさつをする前に、こちらから相手に気付いて、
自分から率先してあいさつしてみましょう

おはようございます
おねがいします
ありがとうございます
よろしくお願いします
こんにちは
おやすみなさい
おつかれさまでした

 

「す」相手が好きなことを何でも聞いてみる

好きな食べ物、好きな映画など、
相手の好きなものやコトを聞く(質問する)ことです

質問されて「うっとうしいなあ・・・」って思う人は
ほとんどいません。
むしろ、質問されるとうれしいですよね

また、もし、自分の興味と相手の興味が合致した際は、
さらに話を広げることができます
そうなれば、楽しいコミュニケーションの始まりです

ちなみに好きなものやコトを聞くときには、
「好きな食べ物は何ですか?」という漠然とした質問より、
「好きな果物って何ですか?」「好きな日本映画ってありますか?」という形で、
ある程度範囲を絞って聞くと良いかもしれません

 

以上の3つのワードを使って、初対面の人でも楽しく会話をしていきましょう

 

ではでは、今日はこの辺で失礼致します