ウォーキングのすすめ②

2017年12月26日

こんにちは!
中村です。

クリスマスが終わってしまいましたね。
まだ、街では装飾が残っていますが
徐々にお正月へと変わっていくんですね。
今年も残りわずかです!
年明けに向けて体調を整えていきましょう♪

本日も先週に引き続き
ウォーキングについてお話していきますね!!

・必要な距離

30分に当てはめると通常の速さで2.4km、
早歩きで3.6km、歩数に換算すると約3330歩です。
一歩一歩を確かめるように、
きびきび歩くことを心がけましょう。

・歩数と時間を把握できるツールを使おう

ウォーキングを続けるため、
お供として注目されているのが
リストバンド型活動量計の
「ムーヴバンド3」です。

時計としての機能はもちろん、
腕につけるだけで、歩行・早歩き・走行時の歩数や時間、
消費カロリーを計測してくれる優れものです。
目標歩数を設定すると、歩数を達成したときや、
目標まであと何歩か残りの
歩数を振動でお知らせしてくれるので、
毎日の歩数管理にも便利です。

朝or夜、一番効果が出やすいのはどちらの時間帯?

朝と夜、ウォーキング効果が出やすいのはどちらでしょうか。
これは個々の生活サイクルによって異なります。
下記に朝・夜ウォーキングのメリット・注意点を紹介しますので、
ご自身の生活スタイルに合わせてご検討ください。

脂肪燃焼しやすいのは朝

メリット

・朝、空腹時のウォーキングは脂肪燃焼の効率が良い

・日光を浴びることでセロトニンを分泌、
ダイエット効果を高め、さらに一日を活動的に送ることができる

・生活習慣の改善

注意点

・起床直後は体温が低く、
筋肉がかたまっているため、体が思うように動かない

・夜型の人間にとっては、朝早めに起きることが苦痛で、習慣化しにくい

習慣化しやすいのは夜

メリット

・生活サイクルを変えずに好きな
タイミングでできるので、習慣化しやすい

・自律神経を調整、体温を自然なかたちで
上げてくれるので、質の良い睡眠をもたらしてくれる

・セロトニンの分泌により精神を安定させ、
一日の気持ちをリセットしてくれる

注意点

・日中に比べて視界が悪くなるので、事故等に注意

【早く効果を出したいなら】水中ウォーキングがおすすめ

プール(水中)でのウォーキングも効果的です。
水中では浮力があるので、体にかかる負荷が軽減され、
かつ水の抵抗により、効率的に脂肪燃焼を期待できます。
しかし正しい姿勢で歩かないと、
水圧により腰を痛めてしまうこともあります。
水中ウォーキングを検討する場合は、
事前に注意点や知識を得てから取り組むようにしましょう。

いかがでしたか?
ウォーキングの効果は一日二日で出るものではないため、
続けることが大切です。
自分のライフスタイルに合った時間に、
無理のないウォーキングを心がけ、
痩せる喜びを実感してください!