インナーマッスルを鍛える②

2017年12月5日

こんにちは♪中村です。
今日から一段と寒気が来るようですね!
朝から、風も強くて寒すぎですので
防寒をして出かけましょう♪

さて、では先週の続きをお話していきますね!

◆体幹とは?

体幹という言葉が出て来ましたので、
少し体幹について触れておきましょう。

体幹とは


両手
両足

を除いた部分のことを指します。

まさに「体の幹(みき)」となる部分ですね。
最近では、「スポーツ」「健康」
「美容」など面で体幹は注目を集めています。
例えば体幹を鍛えると
ポテンシャルが上がり、
スポーツで良い成績を
残せるようになるといわれています。
また、体が美しく見られるようになり、
ダイエットに効果的だといわれているんですよ。

◆インナーマッスルを鍛えるメリット

インナーマッスルを鍛えると、
体幹も鍛えられてダイエットになるわけですが、
実際に私たちの体に
どんなメリットがあるのでしょうか?

・代謝が上がりやすい

ダイエットに成功するためには、
代謝のアップが欠かせません。
そこで筋トレをして筋肉量を増やせば、
代謝量も増えてダイエットしやすくなります。
実は、普通の筋トレをして
アウターマッスルを鍛えるよりも、
インナーマッスルを鍛えたほうが
代謝が上がりやすいといわれています。

筋トレをしてアウターマッスルを鍛えても
痩せなられない方は、
インナーマッスルも一緒に鍛えることで、
痩せられない状況から脱出できる
可能性が高くなります。
またインナーマッスルを
鍛えて体幹を鍛えると、
腹筋や背筋などをバランスよく
使えるようになります。

これも筋肉量のアップにつながるので
より代謝量が上がり痩せやすくなります。
ちなみにインナーマッスルは、
アウターマッスルよりも
簡単に鍛えられます。
ダイエット中の運動として
続けやすくオススメですよ。

◆ぽっこりお腹の解消

インナーマッスルは、
体の骨格を維持する働きがありますが、
まだほかにも役割があります。
お腹まわりにあるインナーマッスルによって、
内臓を正常の位置に保つことです。
つまり、もしインナーマッスルが衰えると、
内臓の位置がずれてしまうんですね。

例えば、インナーマッスルが衰えると、
内臓の位置が重力によって
下へ下がってしまいます。
その結果、下腹が出るような
「ぽっこりお腹」になってしまいます。
ぽっこりお腹は、
お腹に過度に脂肪がたまることも
1つの原因ですが、
インナーマッスルが衰えることも
原因になるんですね。
もし、あなたがぽっこりお腹で
気になっているのなら、
ぜひインナーマッスルを
鍛えてみてはいかがでしょうか?

◆腸の働きをよくして便秘解消

インナーマッスルと腸は、
密接な関係があります。
お腹まわりのインナーマッスルと
腸はお隣同士のため、
インナーマッスルが使われると
腸が刺激を受けるんです。
腸の働きが悪くなると、
消化不良などを起こすだけじゃなく、
便秘にもなりやすくなります。
そこで運動をしてお腹まわりの
インナーマッスルを使えば、
腸が刺激を受けて
働きが活発になるので、
便秘を解消させることができるんですよ。
しかも、腸の働きが良くなれば
代謝も上がります。
インナーマッスルを鍛えて
筋肉量が増えると代謝が上がりますし
腸の働きが良くなることも
代謝のアップにつながるので
一緒に行いましょう。