X脚

2015年9月13日

皆さん、こんにちは!
今日は金が担当致します。

この何日かでとても涼しくなりましたね。
季節の変わり目?は身体にストレスがかかりやすいので、

必要以上に身体のケアはしっかりしていきましょうね。

さて、前回までO脚について、説明したので、
今日はX脚について説明しましょう!

xo_leg

女性に多いX脚とは?

x脚とは立った状態で両脚が内側に変形して、
両脚のくるぶしが開いている脚の状態を言います。

片側だけの場合には、
外反膝(がいはんしつ)と言い、
両脚の外反膝のことをx脚と言うのですよ!

3歳位からx脚になるようで、
7歳位にはまっすぐになってきます。

x脚とは、
7歳を過ぎても真っ直ぐにならない両脚のことをx脚と呼ぶのです。

X脚によって引き起こされるトラブルには、

・腰痛や膝の痛み、肩こりを引き起こす。
・血液やリンパの流れが悪くなり、むくみや冷えの原因となる。
・生理痛がひどくなる。
・便秘がひどくなる。
・疲れやすくなり、身体が怠くなる。
・筋肉の使い方がかたより太もも、ふくらはぎが太くなる。
・血行が悪くなり脚痩せしにくくなる。
・見た目が悪い(男性ならナヨナヨ、女性ならスカートなどを穿くと残念な脚線美)など

などが上げられます。

ではなぜX脚になるのか?

x脚の原因は、
生理的な変形である場合と病気により変形する場合とに分けられます。

生理的な変化は左右対称で、
機能的に困ることはなく痛みもないことが多いです。

・骨盤や股関節・膝関節が歪むことによって引き起こされる骨のねじれ
・骨盤の歪みを引き起こす内ももにある内転筋の衰え
・普段何気なく繰り返している生活習慣

これらが原因で起こることが多いですね。

特に生活習慣では、
・歩行時の姿勢が悪い。
・よくあぐらをかいて座っている。
・高いヒールをはいてバランスを取りながら歩いている。
・同じ方の手にばかり荷物を持ち負担をかけている。

などが上げられます。

こういう生活習慣での原因は、日ごろから意識すると改善できますので、
覚えておきましょうね!

病気によって変形してくる場合には、
機能的な障害を伴い痛みも起こってきます。

靭帯の異常や先天的または後天的な異常が原因であることもあるようです。

X脚を放置すると…
X脚の場合は膝の外側に負担がかかるようになります。
この状態が長く続けば、関節軟骨は部分的にすり減り、骨どうしはこすれ合う状態になってしまい、
変形性膝関節症になりやすくなります。

すぐにはならないですが、年齢を重ねていくとなりやすくなるので、
皆さんも気をつけてみてくださいね。

ではでは、今日はこの辺りで失礼致します。