O脚

2015年8月30日

皆さん、こんにちは!
今日は金が担当致します。

今日はあいにくの雨ですね。
足元には十分気をつけましょう。

8月ももう終わり、
もう少しで秋ですよ~!
月見バーガーも販売されますね。笑

さて、今日はO脚について説明しましょう!

骨盤が歪むとO脚になるというのは有名ですが、
外反母趾や扁平足、反張膝などもO脚の原因になることはご存知だったでしょうか!

O脚は様々な原因が合わさって起こる症状なので、
それら原因を全て改善していかないとO脚は改善されません。

「O脚は正常な脚の人より3~4倍疲れる」といいます。

ちょっと長く歩くだけでも膝や足首を痛めてしまうし、
立ち仕事の人などはひどい疲労感に悩まされます…

スポーツをしている人は怪我をしやすく、
またパフォーマンスも落ちてしまうので、
大きなハンデを背負うことになります。

美容の面からも健康の面からも、
O脚を放置するのはとても損です。

しかし多くのO脚は生活習慣が原因でなるものなので、
その場合は正しく原因と方法を理解すれば、改善させるのが可能なんですよ!

外反母趾や浮き指のある足、
あるいは扁平足だと、
歩くときに足指でちゃんと踏ん張ることができず、
足先が外側に向かって流れ、ねじれ歩行になります。

するとすねの外側の筋肉が極端に発達してしまい、
腓骨頭が外側へ出っ張ってしまい、
膝下O脚になってしまいます。

さらに、ねじれ歩行は股関節にまで歪んだ負荷を与えるので、
大転子を外側へ出っ張らせてしまい、
股関節O脚の原因になるのです。

このように外反母趾や浮き指、扁平足といった足裏周りの歪みは、
O脚だけでなく、身体の色んな歪みを引き起こす原因にもなります。

反張膝って聞いた事ありますか?

反張膝とは180°以上に膝が反り過ぎてしまっている状態のことで、
これだと膝のねじれが大きくなり、
膝下O脚や股関節O脚の原因になります。

普段から膝を反らせる癖があったり、
足指で踏ん張らず重心がか
かとに偏っていると、
反張膝になりやすいです。

hikaku

この反張膝を
「見た目が美しいからいいのではないか」
と勘違いしてしまう方もいるのですが、

実際は身体の歪みの元凶なので、
改善しないといけません!

また、次回も引き続きO脚の内容をお話しますね。

ではでは、失礼します!