麦茶

2015年8月7日

おはようございます!
本日は三津田が担当親します!

 

毎日毎日暑いですね〜

私は普段お茶をあまり飲まないのですが、
こんな時に飲みたくなるのが

麦茶

ミネラル麦茶-熱中症

 

麦茶の原料の大麦は身体を冷やす働きがあり、
夏場のほてった身体をさます事が出来るそうです!

 

冷え性の方は冷たい麦茶を飲むと冷えすぎてしまうので、
温めて飲むか、常温で飲みましょう◎

 

他にもいろいろな作用があります

 

胃を守る

麦茶に含まれる成分には、胃の粘膜を守ってくれる働きがあります
夏バテ気味で弱った胃をさらに傷つけない様にしていけます◎

 

血液をサラサラに

麦茶の香ばしい匂いの元となるアルキルピラジンという成分は、
原料を加工する際に香り成分や抗酸化物質の生成に関わる
メイラード反応と共に生成される物質で、
血液の流れをよくする働きがあります

麦茶に含まれているGABAという成分には、
腎臓の働きを良くし、血圧が高くなる原因である
ナトリウムを排出する作用があります
もともと血圧が正常な方の血圧には影響を及ぼすことはなく、
高血圧の病気がある方にのみ血圧を下げる効果がある事がわかっています

GABAには動脈硬化や血栓症を引き起こす
中性脂肪やコレステロール値を下げる働きもあるので、
血液をサラサラにしたい方にとってはもってこいの飲み物ですね!

 

虫歯予防

バクテリアの定着を予防する作用があり、
虫歯菌とも言われるミュータンス菌の菌膜生成を阻害する作用があります

 

ダイエットに

劇的に効果があるというわけではありませんが、
普段の生活の補助的な役割が大きいです
カロリーが少なく、ダイエット時に不足しやすいミネラルが豊富です
身体を冷やす作用があるので、ダイエットの時は常温か温かくして飲む様にしましょう

 

ノンカフェイン

麦茶は大麦を炒って抽出しているので、赤ちゃんでも飲める体に優しい飲み物です
麦茶の中でも、ノンカフェインをうたっていない物は
他のお茶の成分が入っている可能性があるので、
妊婦さんや赤ちゃんに与える時には注意が必要です

身体に良く、美味しい麦茶ですが、
作り方もいろいろですね

麦茶は粒から煮出すのが良いそうですが、
パックタイプは早く作る事が出来、スーパーなどでも入手しやすいですね

 

お湯出し

味がしっかり出て、沸騰させているので衛生的です
煮出しでも良いですが、
麦茶のパックをぐつぐつ煮てしまうと雑味が出て味が落ちてしまうそうです
パックはあまり長くつけすぎてはいけないので、
長くても2時間程にしましょう

 

水出し

冷めるまで待たなくて良いのですぐに冷蔵庫に入れられますが、
煮出しやお湯出しと同様な濃さにしようと思うと数日はかかってしまいます

 

私はお湯出しにして、卓上ポットでしばらくホットを楽しんでます◎

 

麦茶は腐りやすいので
冷めたらすぐに冷蔵庫に入れましょう
家庭で入れたパックの麦茶の賞味期限としては4日程だそうです

 

 

熱中症対策にもなるので
麦茶でしっかり水分補給していきましょう〜

 

 

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します