骨盤の前傾

2015年8月2日

皆さん、こんにちは!
今日は金が担当致します。

非常に暑い日が続きますね…
最近、朝外に出ると「ここはサウナか!」と思ってしまいます。

早く涼しい時期が来るといいですね…

でも今週、来週と花火大会など、様々なイベントも開催されますね♪
楽しいお時間をお過ごしくださいね☆

さて、今日も骨盤について説明しましょう!

今日は「骨盤の前傾」について説明します。
骨盤が前傾してしまう原因と改善・矯正するためのストレッチや筋トレ方法をご紹介します。

実は日本人女性の7割以上が骨盤の前傾であるとされています。
ぱっと見はあまり目立ちませんが、
下っ腹が出やすくなってしまったり、
お尻が目立つ出っ尻、腰痛にもなりやすくなります。

「骨盤の前傾」とは、簡単にいうと、反り腰の事ですね。
スタイルへ面でも影響が出やすく、
腰や首、背中への負担から腰痛や肩こり、背中の痛み原因にもなります。

pt_s06

ではこの骨盤の前傾と呼ばれる状態はどのようにして起こるのでしょうか?

<骨盤が前傾する根本的な原因>

身体の前後の筋力が均等ではない。
簡単に言えば、身体の前後の筋肉バランスが悪くなることで、
骨盤の前傾や後傾が起こりやすくなります。

ではその悪化の原因となる生活習慣はどのようなものがあるのでしょうか。

<骨盤が前傾する生活習慣>

・悪い姿勢で座っている、立っている、歩いている
・高いヒールをよく履く
・うつ伏せで寝る習慣

などなど…

ソファーにゆったり座っていたり、
デスクワーク時間が長くどうしても前かがみの姿勢が続くことで悪い姿勢などが続き、
身体の部分部分に負荷の強い部分と弱い部分が出てしまうのです。

次に骨盤が前傾するとどのような影響が出てくるのでしょうか。

<骨盤が前傾する事による影響>

・腰痛など身体の痛み
・お尻が出てしまう
・代謝の悪化
・前ももの張り(膝の痛み)
・X脚

などなど、様々な症状に繋がっていくのです…

では、骨盤の前傾を改善していくには、どのようなものがあるのか。
ご自身でできる代表的なケア方法は、
やはり、筋トレやストレッチですね。

骨盤の前傾を改善させる為のストレッチは、

◇腸腰筋のストレッチ
◇脊柱起立筋のストレッチ
◇小殿筋のストレッチ
◇前もものストレッチ

などが、上げられます。

骨盤の前傾を改善する股関節周辺の筋トレも大切になってきます。
ゆがみの改善には弱った筋肉を鍛えてあげる必要もあります。

<骨盤の前傾に関係する筋肉:筋トレすべき筋肉>

腹筋、大殿筋、ハムストリングス、深層外旋六筋

腰痛の改善などでも一昔前はよく言われていたこととして
「腰痛なら腹筋をきたえなさい!」は悪化の原因とされています。

ボディサプライズにも多くの女性の方がご来店頂きますが、
やはり骨盤が前傾されている方が多いですね。

是非この記事を参考にしてみてください!!!