顔の乾燥

2015年11月1日

こんにちは。
前田です。

いよいよ11月突入ですね!!

寒さも気になるところですが
これからの時期、一番気になるので
「顔の乾燥」

化粧水やクリームなどで
保湿を行っているつもりでも
意外ときちんとできてい可能性があります!!

そこで今日は「顔の乾燥」
についてお話をしていきますね。

まず、肌がなぜ乾燥してしまうか
ご説明していきますね。

◆顔の乾燥の種類は2種類

顔の乾燥は大きく分けて2種類あります。

1つ目は冬などの空気が
乾燥する時期だけに起こる「季節的な乾燥」

2つ目が生活習慣や肌に合わない
スキンケアなどのダメージが原因となる「慢性的な乾燥肌」

いつもと同じスキンケアをしているのに
冬になると顔が乾燥してしまう…という方は
季節によるもので一時的な肌の乾燥となり、
逆に冬に限らず春や夏などでも顔の乾燥が
気になる事があるという方は
生活習慣や肌に合わないスキンケアなどで
慢性化してしまった乾燥の恐れがあります!

◆顔が乾燥する原因

乾燥するのは冬だけだから
保湿をしっかりすれば大丈夫!という方も
実は生活習慣など他にも乾燥の原因が・・・

そうとは気付かずに慢性的な乾燥肌になると
かゆみや湿疹、肌の老化の原因ともなります!!

自分の乾燥の原因をきちんと知って、
顔の乾燥対策をしましょう。

*季節的な乾燥の原因

季節的な乾燥の大きな原因は
空気が乾燥し肌の水分が逃げてしまうことです。

冬は気温が下がり空気中の水分も減少します。
肌の水分は乾燥しているところへいきやすいので、
空気中の水分が減ってしまうと
肌の水分が逃げて顔の乾燥が起こります。

さらには冬は寒さで血行が悪くなるため
新陳代謝が乱れて皮脂が減ってしまいます。

皮脂が減ると肌のバリアがなくなるので
肌の水分が蒸発しやすくなります。

顔はいつも外気と触れているので、
身体と違って洋服のような守るものがないため、
身体に比べて水分が蒸発しやすいのです!!

季節的な乾燥を甘く見て
ケアを怠ると慢性化する可能性もあるので
気をつけてください。

*慢性的な乾燥の原因

慢性的な乾燥の大きな原因は、
肌に合わないスキンケアや生活習慣、
加齢による肌の老化が原因です。

冬に限らず顔の乾燥が気になる方や
洗顔後にしっかり保湿しているのに
肌がカサついたり粉をふいてしまうのは
慢性的な乾燥の可能性があります。

また、年齢とともに肌は
乾燥肌になりやすくなります。

年をとると皮脂の分泌量が減るため、
肌の水分が逃げて乾燥しやすいのです。

また、悪化してしまうと皮膚の表面がひび割れ
そこから細菌・花粉・化学物質などが入り
かゆみを引き起こすことがあります。

季節的な乾燥と慢性的な乾燥のどちらも
乾燥した状態を放っておくと悪化し
かゆみ・湿疹などを引き起こします。

今からしっかりとケアしていき
健康的な肌を手に入れていきましょう。

次回は2つの乾燥の原因、スキンケアについて
お話をしていきますね!!

sengann