頭痛と薬について

2015年10月26日

こんにちは。
前田です。

もうすぐ10月も終わりですね。
季節の変わり目は
体調が崩れやすいので
気をつけてお過ごしください!!

さて、冷え込みが厳しいときや
天候が悪くなってしまうと
頭痛を感じる方って多いですよね?

そこで今日は頭痛について
お話ししていきます。

頭痛の種類について

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛

の大きく3つに分けられます。

*片頭痛

片側、あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて
脈を打つようにズキンズキンと痛むのが特徴です。

痛み出したら4~72時間続くこともあるそうです。

*緊張型頭痛

頭の周りを何かで締めつけられるような
鈍い痛みが30分~7日間続きます。

肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、
全身のだるさなどを伴うこともあり
子どもから高齢者までどの年齢層でも起こります。

*群発頭痛

群発頭痛は緊張型頭痛や片頭痛と比べて
普段から聞き慣れないかもしれませんね。

春先や秋口など季節の変わり目にはじまり
一度痛みがあらわれてしまうと
毎日のように頭痛を起こすようになります。

痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。
その後、半年から2~3年としばらく時間がたった後
再び同じような頭痛が起こってしまいます。

この3種類の中でも
一番多いのが片頭痛です。

痛みを我慢できないとき

みなさんは痛みを我慢できないとき
どういった対処されていますか?

一番多いのが
市販の頭痛薬を利用する
ということだと思います。

しかし、頭痛薬を頻繁に飲んでいると
薬物乱用頭痛という別の頭痛を
起こすことがあるんですよ!!

特に片頭痛の慢性的な痛みを抱え
痛みを感じるたびに薬を飲んでしまう!
という方は注意が必要です・・・

薬物乱用頭痛を起こしてしまうと
頭痛の頻度が増えたり
症状が重くなったりしてしまいます。

特に以下のチェックに当てはまる人は注意が必要です。

・月に15日以上頭痛がある。
・頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
・朝起きたときから頭痛がする。
・以前はよく効いていた頭痛薬が効かなくなってきた。
・薬をいくら飲んでも頭痛が以前よりひどくなってきた。
・頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある。
・以前は月に数回、片頭痛が起こっていた。

いつも何気なく飲んでいる頭痛薬にリスクもある!!
ということをしっかり知っておきましょう~

頭痛薬以外にも
目に暖かくした蒸しタオルを置く。
お白湯を飲む。などして
まずは血流をよくしましょう!

rankingshare-c27b8350637711e4811b06e0b9b52e4fba2ae54a524f042ccc

また、ボディサプライズでは
頭痛、眼精疲労におすすめの
頭部のコースもご用意しています。

ぜひ、骨格調整のコースと合わせて
受けてみてはいかがでしょうか*゜