逆流性食道炎

2016年2月26日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

ここ数日は気温が下がっていますね><
暖かくして過ごしましょう◎

本日は近年聞く様になった
「逆流性食道炎」
のお話をさせていただきます

逆流性食道炎とは
胃から上がってきた胃酸が食道を荒らし、
炎症や腫瘍を発生させる病気の事

ご飯を食べた直後に吐き気をもよおしたり、
ベッドで横になるだけですっぱい胃酸が上がってくるなど、
いろいろと不快な症状を感じてしまいます

昔は中高年の人によく見られた病気なのですが、
最近では20~30代の若い患者さんも増えてきています

若い人は好んで洋食を食べることが多く、
洋食に多く含まれている脂肪分が逆流性食道炎の原因のひとつだからです

ninsinsyoki563

逆流性食道炎になると起こる主な症状

1.胸焼け・吐き気

胃のあたりがムカムカしたり、気持ち悪くなったりします
胃から胃酸が上がってくる事で食道が荒らされ、炎症が発生している為です
特に「胸焼け」は逆流性食道炎の中で、
もっとも多く見られる症状です

2.呑酸(どんさん)

すっぱい胃酸の味が口の中で広がります
胃から上がってきた胃酸が口の中まで上がってくる事が原因で起こります

3.のどの違和感・声がれ

胃から上がってきた胃酸が原因で、
のどに炎症が起こり、違和感や痛みを感じます
のどがイガイガ・ヒリヒリするような感覚があります

4.咳が出る

胃から上がってきた胃酸が、のどや気管支を刺激したり、
食道の粘膜を通して神経を刺激する事で、咳が出ます
この咳が原因で「喘息」を引き起こしてしまう人もいる為、注意が必要です

5.口臭が気になる

胃から上がってくる胃酸のニオイが口臭となってあらわれます
すっぱい胃酸のような、ツンとした刺激的なニオイが
口から発散されるようになります

6.胸に痛身を感じる

胸がしめつけられるような痛みを感じます
また、胸骨の裏に痛みが走ることもあります

逆流性食道炎の予防

1.洋食中心の生活や、暴飲暴食、早食いに注意する

逆流性食道炎は胃酸の分泌が多すぎる事によって発生します

胃酸は、脂肪分を溶かそうとする際にたくさん分泌されます
その為、肉や揚げ物などの脂肪分が多い食生活をしていると、
胃酸はたくさん分泌されてしまうんです

脂肪分が多い食事の代表格といえば、洋食です
だから、洋食を摂る機会を減らす事で、逆流性食道炎の予防に繋がります

洋食だけでなく、和食などもバランスよくとり、食生活には注意しましょう

暴飲暴食や早食いなどは胃を刺激し、胃酸を過剰分泌させてしまいます

特に早食いの場合、食べ物と一緒に空気を飲みこんでしまう事で
ゲップが発生しやすくなり、ゲップとともに胃酸が食道へと上がってしまう事があります

2.ストレスを発散する

ストレスが溜まっていると、少量の胃酸でも食道が過敏に反応し、
強い胸焼けが起こってしまいます
その為、ストレスを溜め込まない生活を送る事が大切です

ストレス発散には適度な運動や睡眠が大切になります

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎が起こる原因は、食道と胃のつなぎ目の「噴門(ふんもん)」という場所にある
「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」という筋肉がゆるんでしまう事です
この下部食道括約筋がゆるんでしまうと、
食道と胃の通り道が開きっぱなしになってしまい、胃から食道へと胃酸が逆流してしまうんですね

では、なぜ下部食道括約筋がゆるんでしまうのでしょうか?

下部食道括約筋は、食道と胃のつなぎ目で、胃から上がってきた胃酸が食道へと逆流しない様に
「門番」の役割を果たしています

実は胃酸にはどんな食べ物でも消化できる、
金属まで溶かしてしまうほどの強い酸性の胃酸と消化酵素が含まれています

そんな強い酸性の胃酸ですが、人間の身体は不思議なもので、
胃はそんな胃酸に耐える事が出来ます
特殊な粘膜によってしっかりと保護されているからです

ただ、「胃」以外の器官となると、話は別です

例えば、胃の上にある食道は粘膜による保護がない為、
胃酸が食道へ逆流すると炎症を起こしてしまうんです・・・!

そういうことがあり、下部食道括約筋は、食事の時以外、
食道と胃の通り道にある「門」をふさいでくれています

下部食道括約筋にも弱点があります
それは食生活の乱れやストレス

食生活の乱れやストレスは、下部食道括約筋の体力をどんどん奪っていきます
そしてその結果、下部食道括約筋の疲れがピークに達すると、
下部食道括約筋は「門番」としての仕事を辞めてしまう事があります

門番がいなくなると、食道と胃の間の道は広がったままになり、
毎日大量の胃酸が食道へと逆流してきてしまいます
しかも、いったん門番を辞めた下部食道括約筋は、
もう二度と門番として働いてくれません

そうして、逆流性食道炎の症状が出始めてしまいます。。。

こうなってしまうと、逆流性食道炎を防ぐ為には、
門番のいなくなった「門」に強制的にフタをするしかありません

そこで医学的な治療が必要になってしまいます

症状など気になる方は
一度病院でみてもらうのが一番ですね

以上の事に気を付けて予防もしていきましょう!

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します