貧血

2016年12月5日

%e8%b2%a7%e8%a1%80
『貧血』

こんにちは!
中村です。

先週は、絶好の行楽日和でしたが
行かれましたか?
お客様のお話しを聞いていると
京都の嵐山が人気がありますね!!
行かれる時は
暖かくして過ごして下さいね( ´ー`)ノ

さて、本日は貧血について
お話ししていきますね。

・鉄分の不足が原因で起こる貧血

鉄欠乏性貧血の主な原因は、
鉄分の不足です。

血液の成分の一つである赤血球は、
酸素を運ぶ役割を果たしています。
赤血球の中に含まれる
ヘモグロビンが酸素と結合して
肺から取り込まれた酸素を
体中に運びます。

このヘモグロビンを
作るのに必要なのが、鉄です。
鉄が不足すると、
ヘモグロビンが不足するため
酸素の運搬がうまくいかなくなります。少しでも酸素を体中に送ろうとして
心臓や肺が激しく働くため、
動悸・息切れをはじめとした
症状が起こるそうです。

・鉄分不足の原因

どうして鉄分が
不足してしまうのでしょうか。
原因として考えられるのは、
以下の2つになります。

<鉄分不足>

過度なダイエットや偏食によって、
鉄分不足が起こる場合があります。

女性の場合は
妊娠中や授乳中、胎児や母乳に
鉄分をとられるため鉄分が不足して
鉄欠乏性貧血を起こす原因となります。

<出血>

女性は月経や分娩で
体外への出血が起こるため、
貧血が起こりやすくなります。
また、痔や胃潰瘍、胃腸のがん、
子宮筋腫などによって
体内で出血が起きている場合があります。

このように、
鉄欠乏性貧血は何らかの
病気のサインを示す場合もあるため、
必要に応じて検査を
受けることが必要です。

貧血を予防するには、
栄養バランスの良い食事を
摂ることが第一です。

食事摂取基準によると、
月経のある成人女性は1日に10.5mg、
成人男性は7.5mgの
鉄の摂取が推奨されています。

これは、3食を規則正しく、
栄養バランスの良い食事を
心がけることで摂取できる量になります。
特に、成長期は
筋肉や血液を作るため、
成人以上の鉄が必要となります。
無理なダイエットは行わずに
しっかりとバランスのとれた
食事を摂るようにしましょう。

ただし、
貧血を起こしやすい女性の場合は
意識して鉄を摂るよう
心がけが必要になります。

鉄分を多く含む食品には、
レバーやカツオ、
ドライフルーツなどがあります。
鉄分にはタンパク質や
ビタミンCとともに摂取することで
吸収率が上がるものがあるので、
栄養バランスの良い食事が
何よりも大切になります。

みなさんもぜひ実践してみて下さいね!

では、本日はこの辺りで失礼致します。