角質ケア①

2016年1月18日

こんにちは。
前田です。

3連休明けたとたん
凄く寒さがきつくなりましたね・・・

「今年は暖冬なのかな?」と
油断をしていてはだめですね。

気温差が激しいと
体調も崩れやすいので
風邪などには
気をつけてお過ごし下さい。

さて、今の季節は
乾燥もきになりますが
『角質』が気になる方も
多いのではないでしょうか?

そこで今日は角質について
お話をしていきますね~

1106453_5a7cdf9102_fix500x300

まず、角質ケアをする前に知ってもらいたいのは
「角質は肌に必要なもの」ということです!!

正しい角質ケアは
むやみに角質をとってしまうのではなくて
あくまで余分な角質を取り除くことです。

過剰な角質ケアをしてしまうと
肌を傷めたり肌トラブルを
引き起こしてしまいます。

間違った角質ケアをしないためにも
正しい角質ケアもご紹介していきます☆

◆必要な角質と不要な角質◆

肌はターンオーバーというサイクル活動によって
常に皮膚の奥から新しい細胞が生まれて
少しずつ肌の表面へと押し上げられていきます。

やがて角質層に到達すると、
アカなどと一緒に自然とはがれ落ちていきます。

このターンオーバーが正常に働いていることにより
キレイな肌を保つことができ
角質層の皮膚は外部の刺激から
守ってくれる重要な役割を果たします。

つまり、角質はお肌にとって必要な存在なのです!!

しかし、角質がはがれることなく残ってしまうと
角質層はどんどん厚くなっていき、カサカサになってしまいます。

特にヒジやヒザ、かかとなどの皮膚が乾燥して
角質が厚くなってしまいます。

古い角質が蓄積してしまうと
肌の透明感がなくなり、
皮膚が硬くなってしまいます・・・

◆角質ケア部位について◆

*顔

顔の角質ケア法には
ピーリング、パック、スクラブ洗顔などがあります。

どれも肌になじませて洗い流す
または、ふき取るだけなど
自宅で手軽にケアできるものばかりです。

スクラブ洗顔やピーリングは古い角質を除去するのに有効です。
しかし、強くこすりすぎてしまうと
スクラブの粒子やピーリングに含まれる酸によって
肌が傷ついてしまいます。
スクラブもピーリングも指で肌の上を
滑らせるようにやさしく行いましょう。

肌のターンオーバーは28日周期と言われています。
なので、角質ケアは1ヶ月に1回で十分です。
そして、角質ケアを行った後の肌は乾燥しやすくなっています。
特に念入りに保湿するようにしてください。

*ボディ

ひじ、ひざ、かかとに角質が溜まりやすくなっています。
これらの部位は人目につきやすいため、定期的に角質ケアを行いましょう。

*ひじ・ひざ

コットンに化粧水を浸み込ませたものを
ひじ・ひざに貼り、5分ほど放置して
角質を軟らかくふやかします。

その後、スクラブをひじに・ひじつけて
優しくマッサージしていきます。

最後にスクラブを洗い流して
クリームやジェルなどで保湿します。

*かかと

お風呂上りにかかと専用のやすりで
角質を取り除きます。

次にマッサージを入念に行い
最後にクリームで保湿します。

いかがでしょうか?
部位によってケアの仕方が
違うので注意してください。

今回は部位についてのケアの仕方について
お話ししました!!

次は角質ケアの種類について
お話しをしていきますね。

では、失礼します。