花粉症

2016年2月24日

おはようございます西山です。

まだ終わってはいないですが、
今年の冬は変な冬でしたね~

朝夕などは、
それなりに寒い日もありましたが、
そんなに何日も続かず、
なんかもうそのまま春になってしまうんじゃないか、
というような陽気。

そして雪よりも雨が多い。
乾燥している感じが、
あまりなかったですね。
何気に雪もまだ見ていないです。
みなさんはご覧になりましたか?

雪は雪でいろいろ困りますが、
せっかくですから、
年に1回くらいは見たいですね。

そしてそうこう言っているうちに、
もう花粉飛んでますね。

僕の鼻レーダーが、
ここのところにわかに騒がしいです(笑)

今年もこのつらい季節が、
早くもやってきてしまいましたか…

早めに対策を立てて、
今年は軽く済ませたいですね。

というわけで今日は春になると、
困る人続出の花粉症

花粉症についておさらい!
というわけではないですが、
基本的なところから、
その花粉症を見直していきたいと思います。

花粉症とは?

私たちの体は、
花粉などの異物が侵入してくると、
それに反応するIgE抗体
というものが作られます。

そのIgE抗体は、
肥満細胞の表面に付着します。

再び侵入してきた花粉が、
IgE抗体に結合すると、
肥満細胞からヒスタミンなどの、
化学物質が分泌されて、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、
目のかゆみなどの症状が出てきます。

これがいわゆる花粉症、
と呼ばれる症状です。

花粉症の症状は、
風邪の症状に似ています。

そのため花粉症であるにもかかわらず、
風邪だと思い込んで、
症状を悪化させてしまうケースもあります。

花粉症と風邪との特徴の違いを、
見ていきましょう。

くしゃみ

立て続けに何回も出る。
風邪ではあまり立て続けには出ない。

鼻水

透明でさらさらしている。
風邪では初めはさらさらでも、
数日で黄色くなってネバネバしてくる。

鼻づまり

両方の鼻がつまり、
鼻で息ができなくなることもある。
風邪ではそこまではなかなかならない。

目のかゆみ

目がとてもかゆく、
涙が出ることもある。
風邪では目のかゆみはほとんどない。

こう見ると、
風邪との違いは結構ありますね。
基本的に花粉という異物を、
外に出そうとするので、
涙や鼻水などの水分が多く出る、
というのが特徴でしょうか。

後はですね。
花粉症は熱が出ることは、
ほぼないですから、
熱がないのに風邪っぽい、
しかも今の時期、
となったら花粉症の可能性高いです。

ちなみに花粉症は、
スギ花粉が一般的ですが、
人によっては
ヒノキ・イネ・ブタクサなどにも反応する場合もあり、
ひどい人は一年中です。

昔は花粉症の薬を飲むと、
眠くなるので仕事に影響が…
などと言われていましたが、
今はだいぶそれも緩和されたようです。

後はやっぱり人間本来の持つ、
自己免疫力自己治癒力などを高めて、
薬に頼らない体づくりをするのが理想ですね!

早めの対処で、
辛い季節を乗り越えましょう!

ではまた☆

image