腸内活動

2015年4月13日

こんにちは。
前田です。

みなさんは最近、話題になっている
腸内活動』って知っていますか?

腸内活動とはどんなものかというと
腸内環境を整えて
健康で美しさを保つというものです。

ちなみに腸は第二の脳と
呼ばれるほど重要な臓器です。

免疫機能や代謝に関係しているだけではなく
性格などにも影響されるそうです!

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌と
3種類の細菌で分けられています。

腸内環境を整えるには
善玉菌を増やして
悪玉菌を減らす必要があります。

その善玉菌となるものが『乳酸菌』です。

乳酸菌を増やすためには食物繊維や
チーズ・ヨーグルト等の発酵食品などの
善玉菌の栄養源を摂取しないといけません。

そして、乳酸菌といえば
ヨーグルトやチーズなど乳製品だけに
含まれているものだというイメージはありませんか?

matome_20150105080320_54aa4548b78e1

しかし、乳酸菌には
大きく分けて2種類あります。

1つ目が動物性乳酸菌です。

この動物性乳酸菌は
牛乳にしか含まれておらず
ほかの動物性食品には含まれていません。

つまり、動物性乳酸菌を摂るには
牛乳からできた発酵食品を食べるしかありません!

しかし、他の細菌と共存せずに単独で生きており
非常に体力が低いため
腸内に到達できずに分解されます。

ただ、単独で生きている乳酸菌なので
分解されたままでも直接腸内を刺激し
免疫力機能を活発に促す効果があります!

2つ目が植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌は
漬物・納豆や味噌・醤油など
たくさんの植物性の食べ物に含まれています。

この植物性乳酸菌の特徴は
他の細菌と共存する体力を持っています。

そのおかげで胃酸によって分解されず
腸に到達できるんです!

こうやって2つの乳酸菌の
特徴を見比べていると
腸内活動に有利なのは
植物性乳酸菌なのです!

先ほどもお伝えしたように
植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて
生きて腸に届く確率が高いので
塩分濃度が濃くて栄養状態が悪いところ
刺激が強いところでも生息できるからです。

また、日本食は
植物性乳酸菌の宝庫と呼ばれているくらい
効率よく乳酸菌を摂ることができます!

なので、腸内活動を
しっかり行いたいと思う方は
日本食中心に変えるほうがいいですね。

しかし、動物性乳酸菌も
私たちにとっては必要不可欠な細菌です。

どちらか片方を積極的に摂るのではなく
2つの乳酸菌をバランスよく摂ることで
生活習慣の乱れやストレスなどで
有害物質が増えてしまった腸内を
綺麗にするのが理想ですね。

また、乳酸菌と言っても
たくさんの効果・効能があります。

次回はその乳酸菌の効果・効能について
ご紹介していきますね!

では、失礼致します。