脳梗塞

2016年5月19日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

 

日中は暑い日が続きますね
汗をかく事も多いので
水分補給はしっかりしていきましょう

 

さて、今日はなってしまうと怖い

脳梗塞

についてお話させていただきます

 

body_nou

脳梗塞とは

脳の血管が何らかの原因で細くなったり(狭窄)
血栓ができて血管が詰まる(閉塞)ことで発生する症状

狭窄・閉塞が起きると脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、
脳細胞が障害を受けてさまざまな弊害が生じます

発症する前に以下のような兆候が見られることがあります
こうした兆候にいち早く気づくことで、重症化を未然に防ぐことが可能です

ろれつが回らなくなり言葉が出なくなる
顔に歪みが出る
片方の手足に力が入らない・痺れが起こる
片方の目が見えなくなる・視野が狭くなる
フラフラし、障害物がないのにつまづく
人の言うことがうまく理解できない

 

脳梗塞を発症するリスクが高い人は、
高血圧・糖尿病・心房細動・脂質異常症・肥満・喫煙者など

とくに、生活習慣病や動脈硬化と縁の深い病気です
特に近年、高血糖・高血圧から、突然発生する方が多い傾向にあります

脳梗塞は誰にでも起こり得るもの
それゆえに、脳梗塞の兆候と発症リスクを知っておくことは、
日常的な脳梗塞予防対策にとって非常に重要です

脳梗塞は再発しやすい病気の1つで、その年間再発率は5%
20人に1人の患者が1年間に脳梗塞を再発すると言われています

 

脳梗塞の再発は日常生活の中のちょっとした心がけで低減できるもの
とくに発症リスクの高い人は、以下の5つのポイントを押さえるようにしましょう

食事を改善する

乱れた食生活は脳梗塞の再発に繋がります、まずはここから見直しを

健康食品を取り入れる

食事からなかなか十分に摂取できない成分は、健康食品から効率よく摂取すると◎

水分補給を正しくする

血管を詰まらせるドロドロ血液を防ぐために、正しい水分補給は必須です

生活習慣を見直す

健康に悪い生活習慣を続けると、脳梗塞だけでなくさまざまな病気の原因となりかねません
運動不足の解消・禁煙・減塩など、改善していきましょう

薬物治療を行う

処方された薬をきちんと継続して服用することが、再発予防には何より重要です

 

脳梗塞の予防、リハビリ、再発防止、どれにも重要となってくるのが、血液の循環
脳梗塞の原因は、血栓ができて血管が詰まることにあります、
ドロドロの血液をサラサラにすることで、様々なリスクを改善することが可能です

 

生活環境を見直し、
脳梗塞のリスクを少しでも減らしましょう

 

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します