紫外線

2015年4月6日

こんにちは。
前田です。

花粉が多くなる季節…

ただ、これからの季節花粉以外に
気をつけないといけないものがあります。

それが「紫外線」です。

肌が弱い方だと
もうそろそろ紫外線で
肌荒れを起こしてしまうなんてこと
あるのではないでしょうか?

そこで今日は「紫外線」について
お話をしていきます。

まず、紫外線とは
地球上に降り注ぐ太陽光線のうち
エネルギーの高い光のことです。

また、紫外線は波長の長さにより
紫外線A波
紫外線B波
紫外線C波
の3つに分けられます。

C波は大気に阻まれているので
地上に届くことがなく
私たちが日常浴びている紫外線は
A波とB波ということになります。

そして、このA波とB波は
肌の内側でそれぞれ
違った影響を及ぼします。

A波が及ぼす影響ですが
A波は肌の奥の真皮内に入り込み
肌のハリや弾力に必要なコラーゲンなどを破壊します。

破壊することによって
細胞の結びつきを弱めてしまうので
シワやたるみの原因となってしまうのです!

他にもキメが粗くなってしまったり
毛穴も開いてしまうことも…

次にB波が及ぼす影響ですが
B波は主に皮膚の表面に影響があります。

表皮細胞のサイクルを早めてしまい
角質を厚くするなど角化異常を招きます。

そして、B波は細胞だけではなく
皮膚や眼に有害なので
日焼けを起こしたり
皮膚がんの原因にもなります。

また、紫外線の影響は
肌だけではなく
頭皮が傷付くことで抜け毛の増大
目であれば白内障の原因にもなります。

これだけ私たちの身体に影響を及ぼすので
今からしっかりと対策を行いましょう。

対策を行うことで美容・健康を保つことができますよ。

紫外線の対策としては
日焼け止めや日傘、UVカット衣類を
使っていきましょう!

特に日焼け止めを上手に使用することにより
しっかりと紫外線対策することができます。

日焼け止めの使い方は
まず2,3時間に1回は塗りなおしことが大事です。

水に強いウォータープルーフタイプでも
タオルや服などで擦り落ちてしまっているので
塗りなおしが必要になります。

また、使用量も顔が白くなるからとなどいう理由で
少ししか使わない人が多いと思います。

しかし、正しい量を使わないと
効果がないので注意してください!

特に頬骨のあたりや鼻の頭は光を浴びやすいので
念入りに塗りっておきましょう。

ただ、残念ながら紫外線は
完全に防ぐことができません。

紫外線を浴びてしまったら
必ずスキンケアを行い
肌を休めてあげるようにしてくださいね。

これからますます紫外線が強くなるので
しっかり対策してシミやしわなども
予防していきましょう!

それでは、失礼します。

shigaisen_01