納豆

2015年6月9日

おはようございます西山です。

今日は『納豆』についてです。

納豆好き?嫌い?

なんか関西って、
あんまり納豆好きじゃない、
みたいなイメージが合ったんですが、
実際どうなんですかね?

なんか思ったよりそんな話聞かないですし、
普通に飲食店でも出てきたりします。
昔ほどそんなことはないんですかね?

僕は納豆好きです。
母親が好きだったので、
よく食卓にも出てきて、
気づいたらなんの違和感もなく、
食べてましたね。

うちはよく、
卵とネギが入ってましたね。
僕ネギも大好きなんです。

それぞれの家庭で、
色々なものを入れるみたいで、
調べたら大根おろしやかつお節、
梅などを入れる家庭もあるそうです。
納豆ってなんにでも合うんですね♪

そんなおいしい納豆ですが、
もちろん栄養価も高いです。
そのあたりを詳しく調べてきました。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、
その名の通り納豆だけに含まれている成分です。

血栓を予防し、
血液をさらさらにする効果がある、
と言われています。

血液がさらさらになることで、
心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果があり、
また免疫力を向上させる働きもあります。

血栓は深夜から早朝にできやすいので、
寝る前に食べると特に効果的です。

ポリアミン

ポリアミンは細胞の再生に不可欠な成分で、
新陳代謝や老化防止に効果があります。

若い頃は体内でポリアミンが作られますが、
年齢を重ねる内に、
ポリアミンを作り出す能力が落ちてきます。

そこで納豆などの、
ポリアミンを多く含む食べ物を、
摂取することが必要になってきます。

細胞の再生がしっかり行われることで、
お肌のシミ・そばかす・くすみなどを防ぐ効果があります。

ビタミンB群

豊富なビタミンB郡により、
細胞の成長や再生の促進が期待できます。

具体的には
・健康な皮膚や髪が作られる
・体の疲れを取り除く
・目の疲労回復
などです。

また摂取量が多くても、
尿として外に出される為、
体に害がありません。

食物繊維

納豆は食物繊維も豊富。

腸内を綺麗に保つ効果があり、
それにより便秘の予防や、
肌の健康を保つことに繋がります。

カルシウム

納豆にはカルシウムも多く含まれています。
カルシウムは骨を太く、健康に保つ効果があります。

本当はカルシウムは吸収されづらい成分なのですが、
納豆の場合は豊富なタンパク質が、
カルシウムの吸収を助けてくれるため、
非常に効率の良い食品となっています。

というわけでいいことづくしの納豆。
みなさんも食べてみたくなりましたか?

朝だけでなく、夜食べるのも効果的なんですよ。

ぜひお試しください!

ではまた☆

nattou_wara-thumbnail2