爪の白い斑点

2016年2月22日

こんにちは。
前田です。

2月も残りわずかです。

先日の雨の日から
少しずつ暖かくなっていくそうですね。

3月末には桜の開花も
見れると思うと楽しみですね*

さて、みなさん
自分の爪をふと見たときに
白い斑点があったことってないですか?

見たときに
「病気じゃないのかな?」
って不安になる方も
多いのではないのでしょうか?

そこで今日は
爪の斑点について
ご紹介していきますね!!

card_nail_b09

◆白い斑点の原因

まず、白い斑点が見られた場合、
一番多い原因としては
点状爪甲白斑症です。

白い斑点ができてしまうのは
爪を作り出す爪母の部分に
ちょっとしたトラブルが
発生することで白くなります。

簡単に言うと爪が作られる時に
何らかの刺激によって
異常が発生するためです。

小さいお子さんや若い女性の方に多く見られますが、
男性の方や高齢者にはあまり見られません。

ただ、白い斑点は体に悪影響を
与えることはほとんどないので
心配する必要はありません。


原因として考えられるのは5つ。

①爪に空気が入ってしまった。
②亜鉛やカルシウムなどの栄養不足。
③外傷によるもの。
④ストレスなどの心理的要因。
⑤遺伝的な要因。

ただし、個人差も大きいので
「これだ!」という原因を
特定することは難しいのです・・・

◆予防方法

先ほどもお伝えしたように
白い斑点は体に害はないので
特に治療をしなくても大丈夫です!

白い斑点の場合は
爪が伸びると同時に
先端へと移動していき
自然に消えてなくなります。

どうしても白いのが気になるときは
マニキュアなどで隠すのもいいです。

しかし、爪に負担がかかるので
できるだけ自爪が伸びるのを待ちましょう。

また、少しでも白い斑点を
作らないようにするのなら
亜鉛やカルシウムなど栄養素を
しっかりと摂取して
健康的な食生活を意識しましょう。

ストレスも爪に影響をもたらす
可能性はないとは言い切れません。

日常生活においてストレスを
過度に溜め込まないよう上手く
コントロールしていきましょう。

無害なので恐れることもないですが
このことをきっかけに爪の健康も
意識してみてはいかがでしょうか?