大胸筋

2015年5月17日

皆さん、こんにちは!
今日は金が担当致します。

最近は気温が上がってきましたね…
夏間近!までは行かないですが、
どんどん熱くなりそうな予感がします。

梅雨の時期にも入るので、
手洗い、うがいなど行い、病気にかからないように気をつけましょうね。

さて、今日も筋肉の話を!

ダイエットとは逆に体重アップを目的に筋トレされる方も多いですよね。
僕も昔はそうかったかな…笑

効率よく体重アップを行う為には、
大きな筋肉を鍛えると効率よく体重がアップされます。

ラグビーやアメフトなど、体重をアップさせる為に、
筋トレをよく行います。

では、どこの筋肉が大きな筋肉なのでしょうか。

色々ありますが、代表的なものは以前紹介したハムストリングの筋肉を鍛える事と、
もうひとつは大胸筋。

文字通り、胸の筋肉です。
今日はその大胸筋について説明しましょう。

大胸筋(だいきょうきん)とは…

胸部の筋肉のうち、胸郭外側面にある胸腕筋のうち、
鎖骨、胸骨と肋軟骨(第2~第7前面)、腹直筋鞘の3部から始まり、
上外方に集まりながら、上腕骨の大結節稜にかけて繋がる筋肉です。

ダウンロード (1) (1)

大胸筋を鍛える筋力トレーニング法には多くの種目が存在しますね。

最も手軽で一般的なのは腕立て伏せ(プッシュアップ)があり、
他にもバーベルを使ったベンチプレスや、
ダンベルを使ったダンベル・フライなどもよく聞くトレーニング法のひとつです。

身体前面に位置して、もっとも目立つ筋肉の一つなので、
ボディビルなどでは重要視される筋肉の一つですね。

男性の体格のいいといわれる方は、
ほとんど大胸筋が鍛えられています。

フィットネスクラブなどにいくと、ベンチプレスの前や、
スクワットを行う場所でボディビルダーの方をよく見かけますね。

それはまさに、大胸筋とハムストリングを鍛えている方です。

まぁ、筋力の次元が違いすぎて、近寄り難い空気になりますが…

大胸筋を鍛えるメリットは…

大胸筋を鍛えることで、
胸が垂れ下がらないようにバストを支えることができます。

女性はバストアップ、
男性でいう分厚い胸板を目指す方にとって重要という事です!

女性の場合、年を重ねるとバストが垂れ下がってくるのは、
バストのふくらみを支えている大胸筋が、
伸びたゴムのようになってしまうからなのです。

大胸筋を鍛えることで、男性はより男性らしく、
女性はより女性らしいラインの体型を目指す事ができるので、

トレーニングをする際は、意識して鍛えてみてください☆

ではでは、今日はこの辺りで失礼致します!