多汗症

2016年7月1日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

 

今日から7月ですね~
すでに暑い日が続きますが、
これから更に暑くなっていきますね。。。

暑い時には汗をかくものですが、
今日は多汗症についてお話させていただきます

 

sick_takansyou

もし、運動をしたわけでもないのに、洋服が汗でビショビショになったり、
したたり落ちるほど汗をかいたりしていたら
多汗症の可能性があります

 

多汗症とは?

手のひらや足の裏、脇や頭・顔などから、大量の汗をかく症状のことを指します
たとえば、多汗症の人が大量の汗をかくと、
汗によって書類やノートなどが破れてしまったり、
大量の汗が原因でPCが壊れてしまったり。。。

そんな多汗症、日本人の7人に1人が多汗の症状を自覚しているそうです

さらに汗がポタポタと垂れてくるほど、多汗症の症状が重い人は約80万人もいます
しかし、医療機関を受診している人は、多汗症患者全体のたった6.3%

なぜ、病院に行く多汗症患者さんが少ないかというと、
多汗症は単なる“汗っかき”だと思われやすく病気だと認識されていないから

ですが、多汗症は放っておくと、汗の量がますます増えてしまうことがあります

症状がひどくなると、
たくさん汗をかくことを恥ずかしく思って人と会うことを避け、
対人恐怖症やうつ病を引き起こしてしまう人も。。。

 

汗をかくメカニズム

まず、汗がでる場所は以下のふたつの種類があります。

 

エクリン汗腺

エクリン汗腺は、体が熱くなると、
体温を下げるためにスプリンクラーのように汗を出します
そんなエクリン汗腺は全身の皮膚に存在していて、
とくに額や脇や手、足に集中しています

そして、エクリン汗腺が発汗する仕組みには、
体のさまざまな器官をコントロールしている「自律神経」が関わっています
自律神経には、身体をアクティブモードにする「交感神経」と、
リラックスモードにする「副交感神経」の2種類があります

そして、エクリン汗腺を制御しているのは、交感神経
この交感神経が、発熱や運動などによる体温上昇を感知して、
エクリン汗腺に信号を送ります
すると、エクリン汗腺は血液から水分を汲み取って、汗を作り出します

発熱や運動以外には、緊張などの精神的ストレスや香辛料による味覚刺激も、
交感神経を刺激するので発汗しやすいです

そして、実は多汗症の原因は、
交感神経からの刺激がエクリン汗腺に
過剰に伝わっていることだと考えられています

そのため、多汗症の治療法のひとつとして、
交感神経からエクリン汗腺への刺激の伝達を遮断する方法があります

ちなみに、エクリン汗腺からでる汗の成分の99%以上は水なので、
サラサラで無臭です
多汗症でたくさん汗をかいたからといって、
汗が臭くなるわけではないのです

 

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺から出る汗は、ニオイを発してベタベタしています
動物が異性に性的なアピールをするときにニオイを発しますが、
人間のアポクリン汗腺はその名残だと考えられています

そんなアポクリン汗腺が集中しているのは、
脇や耳、鼻、乳輪、おへそ周り、外陰部です

そして、アポクリン腺からの発汗には、
「アドレナリン」という興奮物質が影響しています
強い感情の変化があると興奮物質が分泌され、
アポクリン腺の発汗が促されてニオイのある汗をかきます

なぜアポクリン汗腺から出た汗はニオイを発するのでしょうか?

それは、この汗の成分にタンパク質が多く含まれているから
このタンパク質が、
皮膚に存在している常在菌に食べてられて分解されると、
ニオイを発する物質に変化してしまいます

ちなみに、脇でこのニオイが強く発生している状態が、「ワキガ」になります

 

長くなっちゃうので、
今日はこの辺で失礼致します