味噌汁

2015年8月26日

おはようございます西山です。

台風が近づいてますね。
今日あたり一番注意が必要です。
皆様どうぞお気をつけ下さい。

味噌汁

今日は味噌汁についてです。
日本人の食卓に欠かせない味噌汁
欠かせないのには理由がありました。

おいいしいだけじゃない!
味噌汁の持つ健康的要素について、
今日は調べてきました♪

味噌について

味噌は大豆や米、
雑穀などと麹、
食塩を混ぜ合わせてから
発酵熟成させてできあがります。
様々な栄養素を含んでおり、
たくさんの効果があります。

タンパク質 コレステロール低下、血管弾力を保つ。
ビタミンB12 神経の修復、血を造る。
ビタミンE 血行促進、老化防止。
酵素 消化を助ける。
イソフラボン 抗酸化作用、女性ホルモンに働きかける。
コリン 老化防止。
レシチン コレステロール低下、ボケ防止。
メラノイジン 老化防止。

この他にもお味噌には、
様々な栄養素が含まれています。

大豆のタンパク質は普通に調理をすると吸収されにくいですが、

味噌にすることで効率的に摂取することができます!

味噌汁の効果

味噌の豊富な栄養素の働きの結果、
私たちにどのような効果があるのか見ていきましょう!
女性に嬉しい効果4つをご紹介します。

がん予防

乳がん、胃がん、大腸がんの発生を抑制してくれます。
お味噌汁を毎日3杯摂取することで、
乳がんの発生率が40%減少したという例も!?
また、肝臓の働きを活性化し、
発がん物質の排出も促進してくれます。

抗酸化作用

味噌特有の茶色の正体、
メラノイジンは、
とても強い抗酸化作用をもっています。
そのため、老化や免疫力を低下させる活性酸素を抑制してくれます。
このメラノイジンは発酵が進み色が濃いものほど多く含まれています。

美白効果

大豆が発酵して味噌になる過程で生成される、
リノール酸がメラニンの合成を抑制してくれます。
緑黄色野菜入りだとさらに美白効果アップです!

消化促進

発酵したことでタンパク質が吸収されやすくなっただけでなく、
一緒に食べるものの消化吸収もよくなります。
具だくさんのお味噌汁は効率よく、
色々な栄養素を吸収するのに最適ですね♪

日本人の心

古くから日本の食文化として愛されてきた味噌汁
地域によって赤味噌、白味噌、合わせ味噌など、
その特色も豊かです。
きっとその地域の気候・文化によって、
様々な味が開発されてきたんでしょうね。

温かい食べ物は胃にもいいので、
暑い季節も寒い季節も重宝しますね。

みなさんも一杯の味噌汁で、
たくさんの健康を手に入れましょう!

ではまた☆

misoshiru