右脳と左脳

2016年4月13日

おはようございます西山です。

暖かくなったと思ったら、
また急に寒くなり、
今日にいたっては雨です。。。

急激な気温の変化は、
体調を崩しやすいので、
どうぞお気を付けくださいね!

というわけで今日はまた、
のお話です。

利き腕と脳の働き

人間の脳は右と左の2つに分かれています。
いわゆる右脳左脳ですね。

右脳は体の左半分を制御し、
左脳は右半分を制御しています。
クロスしてるんですね~

そして言語を司る言語中枢というものが、
どちらか片方に入っていて、
言語中枢がある方を優位半球、
ないほうを劣位半球といいます。

この優位半球というのは、
利き腕と深く関係していて、
右利きの人のほとんどは、
左脳が優位半球になっています。

それに比べ左利きの人の優位半球は、
左右半々くらいです。

この辺りが左利きの人に、
天才が多いと言われる理由が
あるのかもしれませんね~

ちなみに左利きの人は、
昔から約10%くらいで変わりません。
遺伝は関係ないみたいなんですよね。

赤ちゃんの頃は利き腕というのはなくて、
3歳くらいまでにあらわれてくるそうです。
生まれつき決まってはいるそうなんですけどね。

さらにちなみに、
左利きが少ないのは人間だけです。
他の動物はあんまりないみたいですよ?

人間だけが高い知能を持つようになったのも、
この辺りが関係しているんですかね?
ホントに人間の脳って不思議です。

右脳派?左脳派?

よく右脳は感情
左脳は理論
と言いますが、
これも実はあまり根拠はないそうですね。
血液型と一緒です(笑)

右利きの人が多いことから、
左の脳が優位で、
そこで色んな事を考える人が多いから、
左脳は理論
という推測にいたったのではないか、
と言われています。

ただ実際、
理屈的なものを考えてる時には、
左脳の活動が活発になり、
芸術的な絵を見たり音楽を聞いたりしている時には、
右脳の活動が活発になることがわかっています。
ですから全く事実無根というわけではありません。

でもそうではない、
というだけで、
まだまだ根拠と呼ぶには乏しいようです。
この辺はもっと研究が必要ですね。

ちなみにトランペットなどの、
海外の楽器の音を聞く時は右脳が活発になり、
琴や尺八など和製楽器の音を聞く時は、
左脳が活発になるという研究結果があるらしいです。

まあこれがどういった意味を成すのかは、
わからないようですが、
何かに反応してはいるようですね。。。

脳の不思議

この様に脳には、
まだまだ未知の部分が多いです。

だからこそ研究は絶えないですし、
それを考えることが、
また脳の発達へとつながるんでしょうね。

これからも脳について、
色々勉強していきたいと思います。

ではまた☆

600x400