体幹

2015年11月18日

おはようございます西山です。

最近雨が多いですね~
今日も神戸は雨になりそうです。
濡れて風邪など引かないように、
どうぞお気をつけ下さい。

体幹

というわけで今日は体幹のお話です。

以前はあまり聞かない単語でしたが、
最近ではかなり耳にするようになりました。

特にサッカーの長友佑都選手が、
トレーニングとして取り入れたことで、
かなり有名になったと思います。

では体幹とは、
どこの部分の筋肉を指すのでしょう?
また体幹を鍛えることで、
どのような効果があるのでしょうか?

今日は体幹について調べてきました。

体幹の筋肉

体幹と聞くと、
お腹周りをイメージする方も
いらっしゃるかと思いますが、
実際はお腹周りだけでなく、
頭と両手足を除いた、
胴体全体を指すのが一般的だそうです。

まさに木で言ったら、
の部分なわけですね。

そして体幹を構成する筋肉には、
深層筋表層筋という2種類の筋肉があり、
これらを総称して体幹筋と言います。

深層筋のことをインナーマッスルとも言います。
これも聞いたことあるのではないでしょうか?

深層筋は主に身体を支える働き。
表層筋は主に身体を動かす働き。

をしています。

体幹トレーニングでは、
主に深層筋を鍛えます。

身体を支える深層筋を鍛えることで、
身体を動かす表層筋の働きも良くなります。

体幹を鍛える

では体幹を鍛えると、
どのような効果があるのでしょうか?

まず体幹には大きな筋肉がたくさんあり、
そのほとんどは、
エネルギー燃焼力の高い赤筋と呼ばれるものです。

赤筋は呼吸や血液循環、
骨格や姿勢の維持のために働く、
基礎代謝を司る筋肉です。

なので体幹の筋肉を鍛えると、
自然と基礎代謝が上がり、
ダイエットにつながります。

さらに背中にある肩甲骨。
ここも体幹の一部なのですが、
ここを刺激することで褐色脂肪細胞
というのが活性化します。

この褐色脂肪細胞というのは、
体温調整に関わり、
カロリー燃焼工場のような働きをします。

それもあり、
他の部分の筋肉を鍛えるより、
さらにダイエットの効果が上がります。

また人間姿勢も、
見た目に大きく関わっています。

同じような身長・体重の方でも、
姿勢の良し悪しで、
痩せて見えるか、
太って見えるかが別れます。

体幹の筋肉を鍛えることで、
身体を支える筋肉が鍛えられるので、
自然と骨格が正しい状態を維持しやすくなり、
スタイルが良く見えるようになります。

また骨格が正しい位置になるので、
歪みによる腰痛や、
肩こりの改善にもなるんですよ!

正しい体幹トレーニング

というわけで良いことづくしの体幹トレーニング。
今では一般的になったおかげで、
たくさんの書籍や、
動画サイトなどでも詳しく紹介されています。

正しいやり方を学んで、
スタイルの良い、
健康的な身体を手に入れましょう!

ではまた☆

c9c2799ad2f5f8c875b5fbf9a0d98f05