不安と怒り②

2017年6月29日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

不安定な天気が続きますね。。。
急に雨が降ったりもありますので、
折りたたみ傘を持っておくと良いですね◎

今回も不安と怒りについてお話します

前回は防衛機制による怒りの発生について解説しましたが、
怒りが発生するほかの理由として、自分が相手に求めていたものが、
自分の期待値に届かなかったから、ということがあります

怒りの定義

怒りの定義は、自分自身の気持ちや身体を、物理的、社会的に攻撃されたり、
侵害されたと感じたことによって生じるネガティブな感情です

この定義を参考にすると、
「相手に求めたものが自分の期待値に届かなかった」と感じることは、
「自分が本来得るべきであった権利を得られなかった!侵害された!」
と感じることとイコールだといえそうです

また、相手に何かを強く求める人ほど、
その期待値とのズレが大きくなりやすく、怒りやすくなるともいえますね

怒る人の心理を分析した書籍「人はなぜ怒るのか?」でも、
イライラしやすい人のパターンを次のように解説しています

『実は、イライラしやすい人というのは、ものごとを自分の思い通りにしたい、
 コントロールしたいという気持ちがとても強く、
 しかし、それらが実現することはほとんどないので、満足感を得にくいのです』

イライラする人ほど、理想が高すぎて、結果的に満足しない。。。
それはとても困りますよね。。。

次回は、そういった「怒れる人」たちの
怒りを鎮めるための方法をお伝えします!

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します