ロジカルシンキング③

2017年2月17日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

今日は天気が悪くなりそうですね
お足もとにはお気を付けください~

さて、ロジカルシンキングのお話の続きです

ロジカルシンキングを鍛える習慣3つ

1.意識して結論から話す

会話のときに、意識して結論から話すようにしてみましょう
具体的には、
「結論は、A社の担当を私に任せてほしいんです。その理由はふたつあります。
ひとつめは私が得意としている業種であることと、ふたつめは担当の方と面識があるからです」
という感じです

ちなみに、結論から話す場合は、前回紹介したロジックツリーが役に立ちます
まずは結論の部分を相手に伝えて、そのあと理由の部分を列挙して伝えていけば良いのです

また、自分の主張を相手に伝えたいときは、具体的な情報を付け加えるというのもオススメです

2.どんなことにも仮説を立てる

日常的な出来事に対して仮説を立てるのも、オススメのトレーニング法です
たとえば、筋肉ムキムキの男性の同僚とランチに出かけたときに、
「彼はどんなメニューを選ぶか?」と仮説を立ててみましょう

「筋肉ムキムキなので、多分カロリーをたくさん取らないとダメなんだろうなあ、
ということは、彼はカツ丼を選ぶはずだ!」と仮説を立てたとします

仮説を立てたあとは、その根拠になるその人の情報(日常生活や体格、性別など)を
MECEでモレなくダブリなく集めて、
「So What?(つまり)」と「Why So?(なぜ)」を繰り返して検証してみます

そして、最終的に、同僚の彼が「刺し身定食のご飯少なめ」を頼んだとします
あなたの仮説が外れたときは、その理由を探ってみることが大事です

今回の場合、彼に刺身定食を頼んだ理由を聞いてみると、
「ボディビルの大会を控えているので、炭水化物を控えている」ということがわかりました
つまり、あなたの知らない情報があり、MECEが不十分だったので仮説が当たらなかったという事です

このように、簡単な仮説を立てて証明するという流れを繰り返すと、
ロジカルシンキングのトレーニングが自然とできます

論理パズルを解く

論理パズルとは、与えられた条件を基に、答えを論理的に出すクイズです
論理的に考えないと解けないクイズがたくさん掲載されていて、
解答や考え方も説明されています

そのため、ロジカルシンキングの練習ができ、考え方も学べるので、
ロジカルシンキングの基本が身につきやすいです

また、「リアル脱出ゲーム」に参加することも、ロジカルシンキングを鍛えるのにオススメ!
リアル脱出ゲームとは、ひとつの会場に集まった参加者達が協力し、
さまざまなヒントを参考にして謎を解いてその場所から脱出するゲームのこと

解いていく謎は、ロジカルシンキングを使って考えていくものが多く、
頭と身体を使って楽しめるエンターテインメントとして人気がありますね

ロジカルシンキングで円滑な生活を送りましょう~

ではでは、
今日はこの辺で失礼致します