リフレクソロジー

2015年10月21日

おはようございます西山です。

寒くなってくると、
余計に足の冷えが気になったりしますよね?

ボディサプライズにも、
足の冷えを訴えて、
お越しになられる方がたくさんいます。

大元の原因は骨盤なので、
そこの調整がもちろん大事になってくるのですが、
それ以外にフットリフレッシュ
いわゆるリフレクソロジーのコースも人気です。

足裏を刺激することで、
足の血行も良くなりますし、
内臓の働きなども良くなります。
何より気持ちいいですもんね♪

今日はそんなリフレクソロジーについて
調べてきました。

リフレクソロジーのルーツ

リフレクソロジーは、
reflex(反射)と
-ology(学や論の意味を表す名詞を作る接尾辞)
を合わせた造語だそうです。

発祥はアメリカ
これは意外でしたね。
英国式が有名なので、
イギリスが発祥かと思っていました。

アメリカ人のウィリアム・フィッツジェラルドという医師が、
手術中の患者がベッドの梁などに手足を押し付ける、
という行為に疑問を持ち、これを医学的に研究したところ、
痛みを和らげる効果があることがわかったそうです。
これが足裏療法の始まりです。

その後様々な国や人によって研究され、
現在では広く一般に知れ渡るほどになりました。

日本でも今ではデパートや、
ショッピングモール、また路面店などで、
どこでも気軽に受けられます。

リフレクソロジーの効果

リフレクソロジーには様々な効果があります。
まずは内臓の働きを良くする

足裏には各内臓に繋がっている、
反射区、ツボみたいなものがあります。
それを刺激することで、
間接的に内蔵を刺激し、活性化させます。

そして内臓の働きが良くなることで、
各器官の働きが良くなり、

自然治癒力・自己治癒力が高まる

という効果があります。

今の時期、風邪の症状の
緩和改善などにもいいんですよ!

そして体の中だけでなく、
外側にももちろん効果があります。

足裏にも筋肉があり、
使えば疲労します。

なのでマッサージ同様揉みほぐすことで、
筋肉が緩み、血液の循環が良くなって、
疲れが取れます。

それと特にリンパというのは、
筋肉の収縮で流れるので、
筋肉が固いと流れが悪くなり、
むくみます

なのでリフレクソロジーを受けると、
筋肉が緩んで、むくみが取れるんですね。

自分でもできるリフレクソロジー

様々な効果があるリフレクソロジーですが、
自分で行うこともできます。

興味のある方は、
細かく反射区を覚えてもいいですが、
そこまでしなくても、
自分の両手で足裏を押すだけでも効果があります。

慣れてくれば固い所と、
そうでないところなどが、
わかってくると思います。

そうしたらどこの反射区か、
調べてみるのもいいですね。
そういう実体験に基づくものは、
意外とすぐに覚えられ、
忘れないものです。

もっと慣れてきたら、
人にやってあげるのもいいですよ。

絶対喜ばれます♪

気になる方はボディサプライズで
気軽に聞いてみてくださいね!

ではまた☆

0241