ミネラル

2015年5月5日

おはようございます西山です。

巷でよく聞くミネラル
なんか身体には良い
というイメージはありますが
実際にはどんなものかよくわかりません(笑)

なので今日は
ミネラル
について調べてきました!

ミネラルとは?

ミネラルとは一般的な有機物に含まれる4元素
炭素
水素
窒素
酸素
以外の必須元素のことです!

糖質
脂質
蛋白質
ビタミン
と並び五大栄養素の1つとして数えられています!

ミネラルの種類は?

日本では13元素

亜鉛
カリウム
カルシウム
クロム
セレン


ナトリウム
マグネシウム
マンガン
モリブデン
ヨウ素
リン

が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として
厚生労働省により定められています。

生物の種類や性別、
成長段階によって必要な種類や量は異なります!

すべての要素は適度な量を摂る事が望ましく、
欠乏症も過剰摂取も、
病気の原因となります。

ここで大事なのは、
ミネラルは人の体内で作ることが出来ないため、
毎日の食事からとる必要がある、
ということです。

どんな食べ物に多い?

キノコ
キノコはミネラルの量も多く、
バランスもいいです。

特徴としては
①過剰摂取になりやすいナトリウムの含有量が少ない。
②特にナトリウム過剰による高血圧を防ぐカリウムの含有量が豊富。
③鉄・亜鉛・銅をバランスよく含んでいる。
などです。


貝類には、
鉄・亜鉛・カルシウム・カリウム
などが豊富です。

ミネラルウォーターは?

読んで字のごとく
ミネラルの多そうな
ミネラルウォーターですが
実際は水なので
そこまで多くはありません。

ミネラルウォーターとの名称から、
ミネラルを多く含んだ飲料水のことと
思いがちですが、
ミネラルウォーターには
ミネラル成分の品質規定があるわけではありません。

地下水を原水としていると
ミネラルウォーター
という呼称になります。

ミネラルウォーターには
大豆や魚と比較してカリウムやマグネシウム、
カルシウムといったミネラル分は
ほとんど含まれておらず、
1日の基準摂取量を満たすには
数十リットルから数百リットルを飲む必要があります。

基本的に水であるため、
大量に摂取すれば摂取するほどに尿の量も増えるので、
それに伴って吸収したミネラル分も
尿として排出されてしまいます。

やはり前提として、
ミネラル分はきちんと食事から
摂取するほうがいいです!

自分の体内では作れないのに
生きていくのに必要なミネラル
一歩摂取の仕方を間違えると
大変なことになってしまいそうですね…

みなさんも正しい知識で
正しい栄養素を摂取してください!

ではまた☆

E382ADE3838EE382B3E79B9BE3828AE59088E3828FE3819B