ハンドクリーム

2016年1月10日

こんにちは。
前田です。

どんどん寒くなり、
乾燥が気になる!!
手がカサカサしてしまう!!
という方多いのではないでしょうか?

特に手の乾燥は
ひどくなってしまうと
あかぎれ、ひび割れなどに
つながってしまいます・・・

そこで今日は手の乾燥の予防について
ご紹介していきますね☆

ハンドクリーム

まず、人の肌は皮脂膜によって
皮膚の中の保湿成分の蒸発を防ぎ、
潤いを保ってます。

しかし、冬になると皮脂膜の分泌が低下してしまい
角質層がはがれおちることによって
保湿成分が外に出ていきやすくなり
乾燥肌になってしまうのです。。。

また、手が乾燥しやすいのは
いろんなものを触ることによって
皮脂や水分が
もっていかれやすい場所だからなんです!!

さらには手を濡れたままに放置しておくと蒸発の際に
手の保湿成分も奪われてしまうので
濡れた手はすぐに拭くことが大切なんです。

そして、乾燥してしまう手の予防に
有効なのが
ハンドクリームです。

ハンドクリームの選び方なのですが
部分部分で使い分けることが重要なんですよ!!

<保湿系>
成分にセラミド、ヒアルロン酸が含まれるもの。
使える場所はカサカサしている手や全身です。

<ビタミン系>
成分にビタミンE誘導体などを含んでいるので
血流促進する働きがあります。
使える場所はカサカサして
くすみや冷えが気になる手足です。

<尿素系>
成分に尿素を含んだもので、
角質溶解の働きがあります。
使える場所は、手・指、ささくれなどにいいです。

また、皮膚の薄い部分に
塗るのはさけて部分使いがおすすめです。

ハンドクリームの塗り方!!!

①化粧水を手につけます。
②ハンドクリームを塗る。

ハンドクリームを塗る前に
化粧水をつけることで
水分量がキープされます。

化粧水をはじめにつけることで
角質に水分・保湿成分が入り
皮膚の潤いがハンドクリームによって
守られキープされます。

化粧水をつけるという
一手間で随分変わるので
ぜひ、やってみてください。

ハンドクリームの塗り方のポイント!!!

①量はパール粒3つくらい。
②手の平で5~10秒温める。
③指先から塗る。(血流をよくするために)
④ひじの手前くらいまで塗る。
⑤腕を回したりマッサージするとさらに効果的。

血流がよくなると天然の保湿成分が
自分から作られ栄養が行き渡るので
手を洗うごとにこまめに塗ることが大切です♪

今年はいつものケアに一手間加えて
乾燥知らずで過ごしましょうね。