ハムストリングス

2016年8月22日

ハム
『ハムストリングス』

こんにちは!
本日は、中村が担当していきますね。

オリンピックが終わりましたね。
今年は、リアルタイムで見る事は、
出来ませんでしたが
後からしっかりと見て
日本の応援をしていきました☆

特に、体操男子の団体が
一番感動しましたね。

あと、世界最速の男。
陸上男子100mの
ウサインボルトの圧巻の走り!!
史上初の3連覇は、
今後塗り替える人は
出てくるのでしょうか。

次は、2020年の東京五輪ですね☆
今から、楽しみです(=^ェ^=)

さて、本日は、
陸上競技とも関係の深い
大腿のハムストリングスについて
お話ししますね。

ハムストリングスとは、
太ももの裏の筋肉の事で

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
半腱様筋(はんけんようきん)
半膜様筋(はんまくようきん)
のことを言います。

◆大腿二頭筋は

2本に分かれていて、

大腿二頭筋(長筋)は座骨
大腿二頭筋(短筋)は大腿骨粗線
について、
共に腓骨(ひこつ)とを結んでいます。

腓骨とは、ふくらはぎの2本の骨のうち、
スネの外側の位置にある
骨のことを言います。

◆半腱様筋(はんけんようきん)

座骨から脛骨粗面(けいこつそめん)に
ついています。

◆半膜様筋(はんまくようきん)

座骨から脛骨内側顆(けいこつないそくか)に
ついています。

半腱様筋を中心にして
両サイドに大腿二頭筋と
半膜様筋があるわけなのですが、
この筋肉4本の働きは、
膝を曲げたり股関節を伸ばす
働きをします。

ハムストリングスが硬くなると、
常に突っ張ったように感じたり、
前屈をしても伸びが
悪くなっているので、
痛みが出ます。

スポーツやストレッチを
日頃からする人であれば、
ハムストリングスは柔軟ですが、
そうでない人は
なかなか伸ばす機会がないので、
硬くなりやすい筋肉でもあります。

特に座っていることが多い
デスクワークメインの仕事は、
ハムストリングスを縮めたままの姿勢を
長時間とり続けるので、
硬くなりやすいので
伸びは益々悪くなります。

●ハムストリングスが硬くなると…?

ハムストリングスが硬くなると、
太ももを通る血管やリンパ管を
圧迫してしまうので、
下から上がってくる血液やリンパ液が
スムーズに流れず滞ってしまいます。

そのため、ふくらはぎや太ももには
老廃物や余分な水分が溜まって、
疲労やダルさ、むくみや
痛みを起こしやすくなります。

また、硬くなったハムストリングスが
骨盤を下に引っ張ってしまうので、
骨盤が歪み腰痛を起こしやすくなります。

デスクワークのお仕事の方は、
特に注意が必要ですね!
仕事中は、難しいと思いますので
家でしっかり柔軟をしましょう!

では、本日は、
この辺りで失礼致します。