キムチ

2015年7月22日

おはようございます西山です。

みなさんキムチ好きですか?
お隣韓国の伝統的な料理で、
日本でもすっかりおなじみです。

実はこのキムチ、
ダイエットにもいいらしいんです。

今日はキムチについて
調べてきました。

キムチの3つの効果

脂肪燃焼

キムチって赤いですよね。
その赤は言わずもがな唐辛子の赤です。

唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が入っています。

このカプサイシンという辛味成分は、
脳の神経を刺激し褐色脂肪細胞の働きを良くします。

褐色脂肪細胞が活発になると、
代謝がグングン上昇して、
痩せやすい体に変わっていきます。

痩せやすい体。
いい響きですね(笑)

血糖値の上昇を抑える

キムチには血糖値の上昇を抑え、
脂肪を体に溜め込みにくい体にしてくれる働きもあります。

日本人の食の心、ご飯。
もちろん食卓になくてはならないものですが、
ダイエットという意味では、
結構大敵です。

ですがキムチと合わせて食べることで、
白米による血糖値の上昇を抑えることができます。
非常に理にかなっていて、便利な食材ですね!
しかもおいしい!!

遺伝子太りにも効く

最近の研究で、肥満になりやすい遺伝子
というものが存在していることが分かってきています。

うちは太りやすい家系だから…
みたいな話をよく耳にしますが、
あながち嘘ではなかったんですね。
もちろんその家庭の、
出てくる食事の傾向とかもあるでしょうが。

でもだからといって。
諦めることはありません。
キムチに含まれるカプサイシンは、
遺伝子太りにも効果を発揮するそうです。

納豆と一緒に

キムチと一緒に食べることで、
より効果が出る食材があります。
それは納豆です。

前にも紹介しましたが
納豆ってやっぱり凄いんですね。

ではその相乗効果を。

腸内を正常化

納豆にはダイエットに必要な、
ビタミンミネラル食物繊維がたくさん入っています。

栄養が偏ると、
ダイエットの進みも遅くなってしまいます。

納豆で必要な栄養素を摂取して、
キムチのカプサイシンで脂肪燃焼。
無駄のないダイエットになりますね。

血液サラサラ

納豆に入っているナットウキナーゼと、
キムチに入っているにんにくは、
両方共血液をサラサラにしてくれます。

血液がサラサラになれば、
老廃物もたまりにくくなり、
むくみにくくもなります。

むくみって意外と怖いんですよ。
脂肪に変わりやすいんです。

足が太いと感じている方、
太くなっている原因はむくみかもしれませんよ。

というわけで様々な効果を持つキムチ。
スーパーに行ったらコーナーがあるくらい充実しています。
みなさんも好みの味を見つけて、
定期的に摂取してみてくださいね!

ではまた☆

food_kimuchi