カリウム

2016年9月12日

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0
『カリウム』

こんにちは!
本日は、中村が担当していきますね!

今週は、ずっと天気が崩れるようですね。
暑さも辛いですが、ジメジメした
湿気と気圧の関係で
体の調子が崩れるのも辛いですね〜。

これから迎える冬の為にも
お身体の調子を整えていきましょう!!

そこで、本日は
身体の調子を整える為に必要な
カリウムについてお話していきますね☆

◎カリウムとは

カリウムとは、アルカリ金属元素の1つで
人体には欠かせないミネラルの1つになります。

◎カリウムの働き

カリウムには、
ナトリウムとともに細胞の浸透圧を
維持調整する働きがあります。
生命維持活動の上で、
欠かせない役割を担っています。

◎不足した時

カリウムが不足すると、
高血圧やむくみの原因になると
言われています。
また、筋肉の収縮にも関わっているので、
痙攣を起こしたり、
また、倦怠感や食欲の低下をまねくようです。
夏バテは、暑さで汗を沢山かいた時に
カリウムも一緒に流出して、
不足の状態になる事で生じるとも言われています。

◎摂り過ぎた時

カリウムは通常の人の場合、
摂り過ぎても不要な分は
尿として排出されるので
心配は要りません。
ただし、腎臓機能に障害を持っている方などは、
調整がうまくできなくなり
高カリウム血症などになってしまう
こともあるので注意が必要です。

◆カリウムの効果

◎高血圧の改善

カリウムを積極的に摂取すると
血圧を下げる効果があると言われています。
カリウムの多くは細胞内に存在しています。
また、高血圧の原因ともなる
ナトリウムは血液などの細胞外に存在していると言われています。

カリウムとナトリウムは
浸透圧を一定に保つ働きがあります。
この二種類の栄養素によって
細胞を正常に維持する働きがあると
考えられているようです。
高血圧は、血液の中のナトリウム濃度が
高くなることで起こると言われています。

これは、ナトリウム濃度を薄めようとして
体液が血管内に入ることで
血管を圧迫することが原因だと考えられているようです。
結果、血圧が高くなってしまうと
言われています。
カリウムには、ナトリウムの吸収を
抑制する働きがあると言われています。

尿の中にナトリウムを排出して
体の外に排出する働きがあるそうです。ナトリウムが体の外に排出されることで
血液の中のナトリウム濃度が下がり、
血圧を下げることができるということです。

他のカリウムの効果については
来週お話しますね!

本日は、この辺りで失礼致します。