カリウム②

2016年9月19日

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0%e2%91%a1
こんにちは。

本日は、中村が担当していきますね。

本日も台風の影響で雨模様ですね。
季節の変わり目は、体調を崩しやすいので
体調管理は、しっかりして下さいね。

さて、本日も先週に引き続き
『カリウム』の効能について
お話ししていきますね。

◆カリウムが不足すると足がつりやすくなる?!!

運動をした時や寝ている時に
足がつった経験はありませんか?
痛くて目が覚めてしまうこともある
足がつる症状は運動や就寝と
を直接関係しているわけではありません。

足がつる原因の1つにカリウム不足が考えられています。

「足がつる」ということは
筋肉が急に痙攣を起こした状態のことで、
人間の筋肉はミネラルやカリウムといった
成分を使って正常な収縮を保っています。

しかし、運動で汗をかいたりすると
ミネラルが体から出てしまい
ミネラルやカリウム不足になります。

正常な筋肉の状態が保てなくなる
神経が興奮状態になり、
結果筋肉が痙攣する「足がつる」という症状につながります。

そのため、
運動中に足がつりやすかったり、
汗をかきやすい寝ている最中に
起こりやすくなります。

◆慢性的な疲れはカリウム不足の可能性??!

体の細胞は、一定の水分量を保つことで
正常な働きをしています。
そのため、カリウムなどの成分が
不足してしまうと
細胞内の水分量の調節ができなくなり
正常な状態が保てなくなります。

体の細胞が正常でなくなると
全体的な倦怠感や疲れが
取れないといった症状が現れます。

◆不整脈

心臓は、
筋肉細胞内に多いカリウムと
細胞外に多いナトリウムの分布により
心臓の筋肉を動かしています。

細胞内のカリウムは
細胞外のナトリウムに対して
低電位となっていて、
心筋内を電流が流れることにより
心臓の収縮をしています。
電流が流れるということは
一時的にカリウムが
ナトリウム側に移動することで
起こっています。

しかし、
カリウムが不足してしまうと
一時的に移動するカリウムの量も
減ってしまい、
正常な電流が保てなくなります。
正常な電流が保てなくなった心筋は
不整脈を起こすようになります。

◆排尿困難

尿が出にくいと感じたり、
勢いがない、途切れたりする症状を
排尿困難といいます。

排尿困難は、
加齢により腹圧や膀胱の筋肉量の低下や病気によって起こることもありますが、カリウム不足も関係していると
考えられています。

カリウムは
腎臓に働きかけることで
排尿を手助けしてくれる
「利尿作用」があると言われています。

そのため、
カリウムが不足すると
排尿感はあっても尿が出なかったり
残尿感が残ったりしてしまいます。

カリウムは、私達が生きていく上で
必要不可欠になりますね。
このような事にならないように
しっかりと摂取していきましょう。

では、この辺りで失礼致します。