インフルエンザ

2016年11月24日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

一気に気温が下がりましたね~
雪が降ったところもありますし、
防寒対策はしっかりしておきましょう

さて、
今日はすでに流行っているインフルエンザのお話です

7edb8be5

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスに感染した場合、
約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します

続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、
食欲不振などの「全身症状」が強く現れます

やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、
腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります

通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します

普通のかぜとの違い

普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、
日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます

かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、
発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます

これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、
全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます
関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます

また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して
重症化することがあります

症状を改善するために
インフルエンザの症状を改善するためには、
体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ
「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です

抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、
服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、
症状が徐々に改善されていきます

しかし、お薬を服用して熱が下がっても、体内のウイルスがすぐにいなくなるわけではありません
「症状が改善したから」といってお薬の服用を途中でやめることで、
体内に残っているウイルスが周りの人に感染する可能性があります

熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2日間は自宅で療養しましょう

外出でのインフルエンザ予防

マスクを着用(出来ればインフルエンザ用)
マスクスプレーをする
重ね着をする(気温の変化に対応できる)
手袋をする(手についたウイルスが口に入るから)
電車の手すりやつり革は持たない
外出でトイレを使ったら念入りに手洗いを!
薬局にある鼻ガードを使う
帰宅時は手洗い(アルコール消毒で手指消毒)
うがいの前に口をゆすぐ(口内の菌を先に出す)

以上の事に気を付けて、
インフルエンザにかからない様にしましょう~

今日はこの辺で失礼致します