つわり

2016年4月11日

こんにちは。
前田です。

4月ももうすぐ半分ですね。

新しい環境には慣れてきましたか?

焦らずに少しずつ
環境の変化に
慣れていきましょうね!

さて、最近ご懐妊や出産など
嬉しい知らせをよく聞きます。

すごくうれしい出来事ですが
妊娠中のお話しを聞いてみると
大体の方が
「つわりがきつくてしんどかった」
とよく聞きました。

女性ならいつかは経験するです。

そこで今日は『つわり』について
ご紹介していきますね。

20160325060032

◆つわりの原因

つわりの原因は医学的には
証明されていませんがいろんな説があります。

1つ目が妊娠によって促されるHCGホルモンの
急激な増加に身体が反応しているから。

このHCGホルモンは妊娠した直後から
分泌が活発になっていきます。

すると、脳の中枢神経を刺激して
吐き気・嘔吐という症状になるそうです。

2つ目が急激な身体の変化に
自律神経のバランスが混乱しているため。

自律神経が混乱してしまうと
副交感神経緊張状態になってしまうのです。

3つ目が母体が体を休めて
あまり動かないようにするため。

毒素となる食べ物を排除するために
母体が赤ちゃんを異物だと認識してしまい
体にアレルギー反応がでるためとも言われています。

◆つわりの期間

つわりの期間はいつからいつまでなのか?
辛い方であれば早く終わってほしいと思うものです。

期間も原因と同じように人によって違います。

早い方だとつわりは妊娠4・5・6週頃から始まります。

妊娠4週は最後の月経月経開始日から28日後です。
妊娠検査薬が使えるのが生理予定日の1週間後以降なので、
確認する前に吐き気などのつわりで
妊娠に気づく方もいるそうです。

つわりを強く感じるピークは妊娠8~11週頃です。
つわりが妊娠後期まで続く妊婦さんもいますが
ピーク状態がずっと続くことはほとんどありません。

◆つわりの症状・対策

つわりというと吐き気というイメージですよね?

しかし、つわりの症状は
大きく分けて5つあります。

①吐きつわり

食事を食べているかどうかに関わらず、
一日中吐き気に悩まされてしまう症状で
一般的に言われるつわりです。

重い方だと全く食べ物がのどを通らず、
食事をとらず水を飲むだけでも
すぐ吐いてしまうほどです。

嘔吐をくり返してしまうことで
脱水症状や飢餓状態となってしまうので
病院で治療が必要になる場合もあります。

②食べつわり

空腹になると吐き気がひどくなるつわりです。

食べ過ぎても気持ち悪くなりますが
全く食べないとムカムカして胸焼けが起こり
つわりが悪化することが多くあります。

③匂いつわり

妊娠初期は匂いに敏感になり、苦手な匂いが増えます。

ごみなどの悪臭だけでなく、
煙草、食べ物の匂い、生活臭など
普段の何気ないにおいや、
湯気なども苦手になる方が多くいます。

④眠りつわり

妊娠前より眠気を感じることが多くなり
起きている間は常に体がだるく眠い、
または無性に眠気が襲ってきます。

妊娠初期症状の一つとして
眠りつわりになる方も多くいます。

④よだれつわり

妊娠初期の間、よだれが増えてだらだらと出続ける症状です。

差支えない程度のよだれしか出ない方もいれば
量が多くて口から出さずにいられない方もいます。

よだれが少ないうちは飴やガムでごまかせますが、
量が多くなってくると自分の唾液が
不快で飲み込めないこともあるほどです。

妊娠してつわりが始まると妊婦さん本人も
驚くほど嗜好が変わることがあります。

今まで好きだったものが食べられなくなったり
一つの食べ物ばかり食べるようになります…

その他にもイライラや憂鬱感などの
精神的不安定、頭痛・肩こり・耳詰まり感・腰痛などの
体調不調が起きる方もたくさんいます。

つわりの症状によって対処の仕方も違うので
自分はどのつわりなのか当てはめてみて
合った対策を行っていきましょう!!