たまねぎと睡眠

2015年6月19日

おはようございます!
本日は三津田が担当致します!

 

先日、
元町商店街にて水曜市が行われていました♪

 

毎回お野菜やお米、
パンやクッキーなど
色々な物を販売していて気になっていました

 

元町商店街の
大丸さん側から、
ボディサプライズ神戸元町店の前辺りまで
たくさんのお店が並びます

 

先日はお休みの日だったので
初めて購入してみました〜

 

たまねぎ3個入り

Evernote Camera Roll 20150619 104534

なかなかの大きさのものです◎

たまねぎはたまに食べたくなりますね〜

 

 

たまねぎといえば、
食べたら血液がサラサラになったり
は有名ですね♪

 

そんなたまねぎ、
実は

安眠効果

もあるそうです

 

イギリスをはじめ、
世界各地で行われてきた不眠解消法だそうです◎

 

玉ねぎに含まれる

硫化アリル

 

脳卒中や動脈硬化などへの効果が知られていますが、
硫化アリルのにおいには
鎮静効果があり、
疲労回復作用もあるそうです!

 

たまねぎの独特なにおい
それが硫化アリルのにおいです

 

 

では、
どの様にしたら良いのでしょうか?

 

 

安眠たまねぎの作り方

 

たまねぎを切りやすい方法で刻み、
そのまま容器に入れて枕元に置くか、
水を張った容器に玉ねぎを入れます

 

たまねぎのスライスは2.3枚程度で十分です
たまねぎ1個分スライスすると、
逆に刺激が強すぎて眠りの妨げにもなってしまいます

 

たまねぎを切った時に出る
涙の原因となる辛み成分が重要なので、
丸ごと置いても効果はあまり出ません
必ずスライスやみじん切りした物を使いましょう!

 

 

今の季節は冷えによる不眠はなかなか少ないと思いますが、
夏場でも靴下をはいて寝られる方もいらっしゃいますよね

 

たまねぎには赤ワインに含まれている事で有名な
ポリフェノール
も含まれていますので、
血液の循環が良くなり、体が温まります

 

食べる場合は熱処理せず、
生の状態が一番だそうです

 

水でさらしてサラダにするのもおいしいですよね〜

 

たまねぎ以外のところで、
良い睡眠をとる為に気を付けておきたいところがあります!

 

良い睡眠の為に

寝る前のパソコンや携帯電話は
アドレナリンやセロトニンといった興奮性物質が分泌され、
睡眠の妨害、または深い眠りの妨げになってしまいます><

 

寝る前の入浴は少しぬるめの38~39度が適温
熱いのが好みなら寝る前ではなく、
3~4時間前に入浴を済ませましょう◎

 

寝る前の温かい牛乳で少し体温を上げたり、
クラシックなどの歌のない音楽なども睡眠導入に良いですね

 

暑さから寝苦しい日もあるかと思われますが、
たまねぎの香りも使って快適な睡眠を〜♪

 

ではでは、

今日はこの辺で失礼致します