こむら返り

2015年4月19日

皆さん、こんにちは。
今日は金が担当致します。

もう4月も後半に入りますね。
新入社員の方はもう会社に慣れましたか?

ゴールデンウィークも近づいていますね。
色々研修など大変だと思いますが、頑張りましょう。

さて、今日は足について書きましょう。

足がつるという症状は、皆さんも経験あると思います。

つらいですよね…

僕も二十歳の時に久しぶりにラグビーをしたら、
両足がつるというとんでもない状況を迎えた事があります。

あの時は非常につらかったです。笑

夜に足がつる方も、つらいですよね。

足がつるという事は、
足の筋肉が強い痛みを伴って、
収縮や痙攣している状態のことを言うのです。

とくによく耳にするのが、
ふくらはぎの筋肉が収縮や痙攣を起こす、
「こむら返り」

皆さんも聞いた事ありますよね?

こむら返りが起こると、
ふくらはぎの筋肉の収縮や痙攣は、
数秒から数分にわたって続くと言います。

足がつる原因は大きく2つあり、
それは肉体疲労と栄養不足なのです。

多くの場合は、
筋肉疲労や水分不足、電解質の不足や寒暖の急激な変化、
神経系の伝達機能低下などなど、

いくつかの要素が重り起こるといわれています。

筋肉疲労の原因としては、

○冷え、
○運動による水分不足
○脱水症状による電解質のバランスの崩れ
○ミネラル不足

などが代表的に上げられます。

「気をつけても、つってしまった!!!」

そういう時は下記の対処法を参考にしましょう!

・ストレッチ
つっている時は、
筋肉が縮んだままで、伸びなくなっているので、
縮んでいる筋肉をゆっくりと伸ばすようにしましょう。

※アキレス腱とふくらはぎを伸ばすのがいいですよ!

・温めてマッサージ
つった後の痛み、筋肉の固まっている感じに対しては、
軽く温めて、マッサージするのがいいですね。

※足湯などで足周辺の体温を高める事で、
血行の改善に効果がありますよ。

では、足がつる原因の一つである冷えに対して、
血行をよくする日頃の方法は、

1、足の力をぬく。
2、楽な足の角度を見つけて体制をとる。
3、ゆっくりストレッチを行う。
4、足首をぐるぐると回す。
5、膝を立てて寝る。

などの方法がありますよ!

まだまだ書きたい事はありますが、
今日はこの辺りにしておきましょう。

上記に書いた事を注意しながら、
フットリフレッシュやリンパのコースを受けると、
バッチリですね!

まだまだ気温差も激しい時期なので、
体調に気をつけながら、参考に実行してみてくださいね☆

ではでは、今日はこの辺りで失礼致します~!