かぼちゃ

2015年10月5日

こんにちは。
前田です。

10月に入り、朝晩冷えますね・・・

この時期は体調が崩れやすいので
服装などには気をつけて
お過ごしください!!

さて、10月入って
街中はハロウィンの飾りつけで
彩られていますね!

ハロウィンといえば・・・
かぼちゃのおばけですよね!!

そこで今日はかぼちゃについて
お話をしていきますね。

kabotya_kaseda1_140320

かぼちゃって身体にいいっていうのは
よく知られていますよね?

それはなぜかといいますと
かぼちゃに含まれる

・ビタミンA
・ビタミンC
・ベータカロテン
・食物繊維

の4つの栄養素がとても豊富に
含まれているからなんですよ!!

では、それそれどんな役目があるのでしょうか?

*ビタミンA

ビタミンAには皮膚や目の粘膜などを
健康に保つための働きがあります。

ビタミンAを十分に摂取できていなければ
呼吸器系などにも異常が発生してしまい
風邪を引きやすくなったりします。

また、ビタミンAが不足すると
ガンの発生率が高まることもあります。

*ビタミンC

ビタミンCは美肌効果、風邪の予防に効果があります。

がぼちゃにはこのビタミンCが豊富と含まれており
キレイな肌でいるために必要なコラーゲン生成に
欠かせない成分にもなっています。

また、万病のもとと言われる風邪はもちろん
そこから発症するいろんな病気予防にも効果があります。
ただ、ビタミンCは摂取しても2~3時間で体内に出てしまいます。
なので、3食で少しずつ摂りましょう。

ベータカロテン

ベータカロチンは粘膜や皮膚の抵抗力を高めて
生活習慣病やガン予防に効果があります。

また、老化を早めたり
ガンを誘発するもとになる活性酸素を消す働きと
狭心症や心筋梗塞などの原因となるコレステロールを
減らす効果もあります!

そして、ベータカロチンは
中身よりも皮やわたの部分に多く含まれているので
できるだけ一緒に調理をしましょう。

*食物繊維

知っている方もいいとは思いますが
便秘やダイエット、虫歯、生活習慣病などに効果があります。

この食物繊維もベータカロチンと同じように
カボチャの皮の部分に多く含まれていますので
食べる際には皮ごと食べましょう!

こうやって見てみると
かぼちゃって本当に身体に
いい食べ物ですよね☆

また、かぼちゃに含まれている葉酸は、
体の細胞が正常に形成されるのを助ける働きがあるので
胎内の子供にもとてもいいんですよ*

ぜひ、妊婦さんは積極的に
摂取することをおすすめします。

現在は大人だけではなく、
肥満や生活習慣病に悩んでいる子供も
増えてきていますよね・・・

そういった子供たちにも
かぼちゃをたくさん食べて
常に健康を保っていきましょう!!

では、今日はこのへんで失礼します。